介護の資格最短net
介護職員初任者研修を最短で取得したい方へ 介護職員初任者研修を最短で取得したい方へ

普通救命講習とは

更新日:2017/03/23

  • facebook

普通救命講習とは

普通救命講習とは、公益財団法人 東京防災救急協会主催で都内の各消防署にて開講されていて、大切な人や家族の命を守る知識とスキル習得を目的に、心肺蘇生やAEDの使い方、けがの手当など、応急手当を習得することができます。 緊急時の応急処置として役立てることができるのではないでしょうか。
また、普通救命講習にはAEDの知識確認と実技の評価が加わった『普通救命講習(自動体外式除細動器業務従事者)』もあります。

※注)当ページは、公益財団法人 東京防災救急協会主催の内容となっています。
東京都以外に在住、普通救命講習の受講ご希望の方は、最寄の消防本部・消防署へお問い合わせの上、詳細をご確認ください。

資格取得のメリット

心肺停止は、突然発生するケースもあり、いつどこで発生するか分からない恐ろしい症状です。
だからこそ、緊急な場面においても慌てずに適切な対応ができることは、大切な人や家族の命を守る知識として、いざという時に役立つはずです。
特に、高齢者の方を対象にお仕事をされている方には、ご自身の付加価値にもつながるのではないでしょうか。
普通救命講習は、様々な場面で安心、信頼を得ることが期待できるおすすめの講習です。

資格取得をするには

〇対象者:
東京都内在住、在勤・在学の方
※注)東京都以外での講習も開講されています。詳しくは、最寄の消防本部・消防署へお問い合わせください。

〇受講料:
教材費:1,400円
※受講希望の場合は、希望講習日の3ヶ月前(当年度の講習予定日に限ります)から3日前までとなっています。

〇講座内容と学習方法:
講座内容:
心肺蘇生、自動体外式除細動器(AED)の使用方法、窒息の手当、止血の方法など

学習方法:
消防本部・消防署 9時00分〜12時00分、13時00分〜16時00分(3時間)

〇検定試験:
※詳細については、公益財団法人 東京防災救急協会 応急手当講習関連 窓口へお問い合わせください。

〇修了証について:
救命技能認定証

公益財団法人 東京防災救急協会

イメージ画像

公益財団法人 東京防災救急協会は、安心して暮らせる社会の実現を目指し、防災・救急業務関係者の育成並びに都民の防災・救急に関する意識と行動力の向上につとめています。応急手当関係講習として、「救命入門コース」や「講習普通救命講習」によって命を守る知識と技術を提供しています。

お問い合わせ先
公益財団法人 東京防災救急協会 応急手当講習関連 窓口
電話番号:03-5276-0995