介護の資格最短net
保育士国家資格を最短で取得したい方へ 保育士国家資格を最短で取得したい方へ

保育士試験の受験資格は?

更新日:2019/03/07

  • facebook

最終学歴によって受験資格の規定が決まっている!

保育士国家試験を受けるには受験資格があり、最終学歴によってそれぞれ規定が決められています。一方で、最終学歴に関係なく資格取得は目指せる資格とも言えますね。
最終学歴別に受験資格を解説しますので、これから保育士試験を受験される方は参考にしてみてください。

【最終学歴別】保育士試験の受験資格を紹介!

1.大卒、短大卒、専門学校卒の場合

大卒・短大卒の方は、保育士とは関係ない学部学科であっても卒業すれば受験資格を得ることができます。専門学校卒の方は、以下の条件をクリアしていれば、卒業と同時に受験資格が得られます。

【専門学校卒の条件】
・学校教育法に基づいた専修学校であること
・卒業した課程が修業年限2年以上専修課程であること
※上記条件どちらか一方でも満たしていない場合には、条件資格を得ることができませんので注意しましょう。

ただし、1996年3月31日以前に保育科の高校を卒業している方は、受験資格を得ることができます。詳しくは、以下の『高卒の場合』を確認してみてください。

2.高卒の場合

高校の方は、卒業年度によって受験資格の有無が変わります。

1991年3月31日以前に高校を卒業した方
無条件で受験資格があります。

1991年4月1日以降に高校を卒業した方
『児童福祉施設で2年以上かつ2880時間以上の実務経験』が別途必要となります。ただし、例外として『高校の保育科を1996年3月31日以前に卒業した方は実務経験なし』で受験資格を得ることができます。

3.中卒の場合

中卒の方は『児童福祉施設で5年以上かつ7200時間以上の実務経験』が必要となります。高卒の方よりも期間が3年分長く設定されています。
卒業と同時に資格を取得できる養成学校への入学も考えられますが、そのためにはまず高卒認定が必要になります。児童福祉施設で働きながら受験資格を得る方法と、受講料を払い養成学校で勉強しながら資格取得を目指すのでは、生活が全く異なりますので、自分に合ったほうを選びましょう。

4.在学中・中退の場合

4年制の大学に在学中もしくは中退、短大・専門学校在学中でも条件付きで受験資格を得ることが可能です。

【大学】
・在学中の方で、2年以上在学し、62単位以上修得済みであること。
・在学中の方。ただし、年度中に2年以上在学、または62単位以上修得が満たせなかった場合、合格しても無効になります。
・大学中退の場合、2年以上在学し、62単位以上修得済みであること。

【短期大学】
・在学中の方。ただし、年度中に卒業が出来なかった場合、合格しても無効になります。

【専門学校】
・在学中の方。ただし、修業年限2年以上の専門課程であることと、年度中の卒業が条件。卒業が出来なかった場合、合格しても無効になります。

よくある質問

保育士試験の受験資格について、よくある質問と回答をまとめてみました。

質問:保育士試験を受験資格に年齢制限はありますか。

回答:
年齢での制限はありません。受験資格をクリアしていれば受験可能です。

質問:通信制大学(4年制)に在学中でも受験できますか。

回答:
学校教育法に基づいた大学の「大学通信教育設置基準」を満たしている通信教育課程であれば、大学の通学課程と同様に受験資格を得ることができます。

質問:短期大学に2年以上在学し、62単位以上修得したが中退してしまった場合は受験資格はありますか。

質問:学校教育法に規定する学校以外、または海外の学校を卒業した場合に受験資格はありますか。

回答:
保育士試験事務センター』へ問い合わせてみてください。

>> 保育士受験対策講座のスクール一覧(一括資料請求可能)

受験資格に該当する実務経験とは

児童福祉施設での児童の保護または援護業務が該当します。

受験資格にあたる実務経験は、以下の児童福祉施設で児童の保護または援護業務となっています。

・認定こども園
・幼稚園
・家庭的保育事業
・小規模保育事業
・居宅訪問型保育事業
・事業所内保育事業
・放課後児童健全育成事業
・一時預かり事業
・離島その他の地域において特例保育を実施する施設
・小規模住居型児童養育事業
・障害児通所支援事業(保育所訪問支援事業を除く)
・一時保護施設
・18歳未満の者が半数以上入所する施設
障害者支援施設
指定障害福祉サービス事業所等)
・その他
児童福祉法第59条の2の規定により届出をした施設
都道府県等が事業の届出をするものと定めた施設であって、当該届出をした施設
児童福祉法施行規則第49条の2第3号に規定する幼稚園併設型認可外保育施設
都道府県または市町村が設置する児童福祉法第6条の3第9項から第12項までに規定する業務または同法第39条第1項に規定する業務を目的とする施設

※全国保育士養成協議会HP『受験資格詳細』より抜粋

※児童の保護とは、児童の食事やトイレなどの日常生活のお世話をしたり、自立に向けた支援を行ったり、生活指導などを行ったりすることです。保育園などで事務や清掃業務など、児童と直接携わらない業務は認められないので注意しましょう。
働き先が対象施設等に該当しているか分からない方は、施設所在の都道府県の保育主管課に問い合わせてみてください。

保育士試験で一発合格を目指すには

保育士試験の受験対策講座がおすすめです!

受験資格を得た方は、試験に向けた準備が必要ですね。テキストや過去問を購入して独学で勉強する方法もありますが、受験するからには一発で合格したいものですよね。スクールでは、保育士資格試験に向けた対策講座を開講しています。独学で勉強するよりも費用面で高くはなってしまいますが、学習スケジュールやサポート面でスムーズ且つ確実な勉強方法で進められることでしょう。
おすすめのスクールも紹介しますので、一発合格を目指したい方は検討してみてください。

▽保育士試験対策講座 開講スクール

スクール名 講座名 / 受講料 資料請求
ヒューマンアカデミー / 通信講座 * 『たのまな』 保育士【完全合格】講座
48,000円
資料請求
資格のキャリカレ / キャリアカレッジジャパン 保育士受験対策講座
31,320円
※ネット申し込み限定割引
資料請求
三幸保育カレッジ 保育士受験対策講座
45,360円
資料請求
生涯学習のユーキャン ユーキャンの保育士講座
59,000円
資料請求
四谷学院通信講座 保育士講座 全科目セット
79,800円
資料請求
資格の大原 保育科
50,000円
資料請求

>> 保育士受験対策講座のスクール一覧(一括資料請求可能)

保育士の講座選びなら

サイトイメージ

BrushUP学びは介護系の資格を中心に、スクールや学校の情報をまとめたサイトです。最安・最短講座がエリアごとにまとめて比較できるので、非常に見やすいです。 どのスクールにするか迷っている場合、開講日程や分割払いなど細かい情報を一つ一つ調べるのはとても面倒ですが、BrushUP学びを使えば、最新の資料を一括でお取り寄せできます。もちろん無料です。まずはこのサイトから資料請求することをおすすめします。平日なら電話での請求も可能です。

資料請求はこちら

TOP