介護の資格最短net
介護職員初任者研修を最短で取得したい方へ 介護職員初任者研修を最短で取得したい方へ

最短で介護職員初任者研修を取得するには?

更新日:2017/11/06

  • facebook

未経験・無資格者が受講してどれくらいでとれるの?

イメージ

介護職員初任者研修は、未経験者・無資格者も対象の研修課程ですので、全く介護の知識がない方でも安心して受講できます。経験者と未経験者のあいだに、受講料やカリキュラムなどの違いもありませんので、これから介護の仕事に従事しようとしている方も心配ありません。

カリキュラムは全部で130時間(全スクール共通)と決まっていますが、授業日程次第で修了までの期間を自由に選ぶことができます。

カリキュラム内容は学校独自のものなので、学校によって多少の誤差はあるものの、最短で1ヶ月、週1回のスクーリングなどのゆとりがあるコースで4ヶ月くらいが目安になります。

『最短1ヶ月』は人気コース

最短1ヶ月〜1.5ヶ月のコースはどのスクールでも人気なので、定員オーバーになっていることも多々あります。とはいえ焦って学校を決めてしまうのもできれば避けたほうがよいです。通いやすさ、受講料、分割払い、期間限定キャンペーンなど、受講を決める前に確認するポイントはたくさんあります。急ぎすぎずしっかり学校について調べることが、後悔しない学校選びのコツなのです。
まずは、通える学校の資料を請求して、開講日程や修了までのスケジュールを確認することをオススメします。

平日・土日・夜間・通信どう選ぶ?

最短1ヶ月で取得するまでの道のり

介護職員初任者研修を実施している各団体は、ニーズに合わせて短期・平日・土日・夜間などいろんなコースを実施しているので、一番早いのは気になる学校の資料を取り寄せてしまうことです。せっかくなら自分の状況に一番合ったコースを見つけたいですが、学校それぞれのHPを見比べるのは意外と面倒です。最新の資料にはコース内容だけでなく直近の開講日程なども記載されており、申込書も同封されていると思います。スムーズに申し込みも可能ですね。

平日・土日・夜間・通信の受講イメージ

〇1ヶ月短期コース
1ヶ月程度の短期コースの場合、週3〜4回の授業(10:00〜17:00など)とコースによって一部通信形式の自宅学習を組み合わせて、一気に講義・演習を消化していきます。平日に時間がとれるのであれば、集中的に学習ができる短期コースをおすすめします。

〇4ヶ月コース(平日・土日)
4ヶ月コースの場合は週1回の授業とコースによって一部通信形式の自宅学習となります。週1回であれば比較的ゆとりをもって受講できるので、仕事、家事、子育てなどとの両立も可能です。土日コースの他に平日コースもあるので、平日休みの方でも問題ありません。その他にも週2回の2ヶ月コースもあるようです。

〇夜間コース(平日)
夜間コースには色々な日程があると思いますが、一例を挙げると、週4回(18:00〜21:00)で2ヶ月コース、週2回(18:00〜21:00)で4ヶ月コースなどが考えられます。学校でも時期によって異なるので、必ず資料で日程を確認しましょう。

〇通信コース
介護職員初任者研修の通信コースには必ずスクーリングがあります。自宅学習のみで取得できる講座はありません。介護職員初任者研修では、通信形式にできる授業数が40.5時間までと決まっているので、この割合が大きい講座を通信コースと各学校が呼んでいます。

土日コースを開講しているスクール

週2日コースと週1日コースあり

月〜金のお仕事をされている方で、介護職員初任者研修を受講する場合は、土日コースがおすすめです。土曜日のみの週1コース、日曜日のみの週1コース、土日2日間コースなど働きながら資格取得ができるコースの需要は非常に多く、だいたいのヘルパースクールが土日開講をしています。夜間コースと比べると日程や教室を選びやすいので、スタート時期やキャンペーン価格などじっくり焦らず受講検討しましょう。

土日開講講座の例

〇A介護スクール
曜日 土曜日
時間 10:00〜17:00
期間 4ヶ月(通信学習併用)

〇Bヘルパースクール
曜日 日曜日
時間 09:30〜16:40
期間 5ヶ月(通信課題提出3回)

〇Cホームヘルパー教室
曜日 土曜日、日曜日
時間 10:00〜17:00
期間 2.5ヶ月(通信課題提出3回)

※「土日コース」という名称でも、土曜日か日曜日のどちらか片方で終日通い、4ヶ月程度の修了を目指すものが多い印象です。さすがに土日どちらも研修で潰れてしまうのは大変なので、合理的かなと思います。週2日のコースは平日+土曜などもあります。通信課題提出もあるので、ゆとりのあるプランを希望する方も多いです。働きながら受ける場合はどうしても急な予定で欠席せざるを得ない場合もあるかと思います。そういう時に、振替制度などがある学校だと安心ですね。

介護職員初任者研修の通信講座

初任者研修の基本はスクーリング+通信

ほとんどの介護職員初任者研修講座が、通学の授業と自宅学習(通信)を併用する内容となっています。理由としては、通信制にすることで受講期間が短縮でき、なるべく最短での資格取得を実現させる狙いが挙げられます。初任者研修のカリキュラムは130時間と決まっていますが、一部を通信形式にすることで、実際の授業時間が短くできるのです。短期取得コースのほとんどは、通信形式をうまく活用することで実現しています。働きながら初任者研修を受講する場合は、週に何回も通うのは大変だと思うので、通信で勉強できるのはとても心強いです。

完全通学制のヘルパースクールもありますが、通信併用の講座よりは取得までに時間がかかります。また人件費が少なくて済む通信併用コースのほうが受講料が安い傾向にあります。自宅学習や通信教育がどうしても苦手という場合は、完全通学制のスクールも検討してみるのもよいでしょう。

通信講座のみで取得できる介護職員初任者研修講座は存在しません。どのスクールでも必ず教室での授業と実習が必要です。介護の現場で働く方向けの研修ですから、実践的な講習があるのは、ある意味当たり前ですよね。

通信講座の例

〇ベネッセ介護職員初任者研修
自宅学習用テキストで介護の知識を身につけます。提出用課題に完全対応したテキストを使用します。
期間 2〜3ヶ月
曜日 平日・土日など週2日

〇未来ケアカレッジ
自宅学習とスクーリングの最適な組み合わせを実現した通信制のコース。週1回で無理なく通いながら通信教材で学習していきます。
期間 約3か月半
曜日 日曜日コース

〇大阪福祉総合スクール
「通信添削」とスクーリングで学習します。テキストを見ながら問題を解いていき、授業内で提出します。
期間 1ヶ月(通学日数は15日間)
曜日 平日短期コース

※注)上記データは一例です。詳しくは、パンフレットなどで確認してみてください。

夜間コースを開講しているスクール

夜間コースで働きながら受講

金額が安いヘルパースクールのほとんどは夜間講座を実施していません。通常コースと比べて選べる学校数はかなり限られるので、近隣エリアの講座に空きがあるかどうかチェックしましょう。

夜間コースを受講する方は、現在働いている方がほとんどです。介護関連の職種の方もいますが、全く関係ない職種の方も受講しています。夜間開講している初任者研修スクールは人員や施設の確保が可能な大手スクールが多いですが、それでも日程がかなり限られるので、急ぎの方は土日コース受講のほうがよいかもしれません。

夜間開講講座の例

〇ニチイ
全国に拠点のあるスクールですが、すべての拠点で夜間コースを実施しているわけではありません。
時間 18:00〜21:00
期間 4ヶ月(通信学習併用)
曜日 火・金、水・金、木・金など週2日
定員 20名程度

〇三幸福祉カレッジ
全国各地に教室がありますが、夜間講座の開講は時期によって異なります。
時間 18:30〜21:40
期間 4ヶ月

※注)上記データは一例です。その他のスクールでも年に1回くらいのペースで夜間コースが開かれることがあります。どうしても平日夜間じゃないと通えないという方は、ホームページ等で夜間開講に関する情報がないか確認してみるとよいでしょう。場合によっては、開講予定があるかもしれませんよ。

介護職員初任者研修の講座選びなら(最短)

サイトイメージ

BrushUP学びは介護系の資格を中心に、スクールや学校の情報をまとめたサイトです。最安・最短講座がエリアごとにまとめて比較できるので、非常に見やすいです。 どのスクールにするか迷っている場合、開講日程や分割払いなど細かい情報を一つ一つ調べるのはとても面倒ですが、BrushUP学びを使えば、最新の資料を一括でお取り寄せできます。もちろん無料です。まずはこのサイトから資料請求することをおすすめします。平日なら電話での請求も可能です。

資料請求はこちら