介護の資格最短net
介護職員初任者研修を最短で取得したい方へ 介護職員初任者研修を最短で取得したい方へ

【体験談】介護職員初任者研修の難しさと合格率

更新日:2017/11/01

  • facebook

一般的に介護職員初任者研修は難易度の低い資格と言われており、実際にほかの介護資格と比較すると基礎的な内容が中心の入門資格です。そのため、一見楽に取得ができるものと思われがちですが、そうはいっても苦労することもいくつかあります。
「介護職員初任者研修」修了者として、受講中に感じた難しさや筆記試験の難易度について、また取り組んだことや気づいたことなどを紹介していきますので、スクール選びやこれから受講する際の参考にしてみてください。

受講中に感じた初任者研修の難しさ

〇仕事と両立する難しさ
仕事をしながら初任者研修を受講する場合、受講スケジュール調整での難しさが出てきてしまいますよね。
生活リズムで無理なく受講したいとなると概ね土日開講クラスを選ぶことになるでしょう。
土日開講クラスで受講するとなると、休日のプライベート時間が減ってしまい、最後までスクーリングできるか不安に感じる方もいるのではないでしょうか。また、受講開始当初は気持ちも高く授業を受けていても、毎週末に1日8時間程の授業をこなしながら合間で課題レポートを実施、休み中の気分転換する時間をうまく取れなくなり、ストレスを感じるなんてことも起こり得ます。

そのような状況を避ける対策として、できるだけ早い時期に同じクラスの受講生と交流を図ることをおすすめします。授業の合間の休憩時間に雑談をしたり、ランチを一緒にしたりすることで、気持ちが紛れることもありますし、特に自分と同じように仕事をしながら受講している方がいれば、お互いの相談相手としてサポートしながら受講することができるでしょう。仕事と両立する難しさを感じることも減り、結果としてストレスの軽減にもつながるはずです。

〇実技演習の難しさ
実技演習では、想像以上に体力を使うということを肌で感じるでしょう。具体的には、車椅子から立位してもらい、ベットまで移動してもらう介助が良い例です。
実技演習の最初は、もちろん介助方法も分からない上に体に負担がかかってしまい、汗をかくことや数日後に足や腕の軽い筋肉痛や腰への痛みを感じることがあるかもしれません。

体力に自信がない方は、実技演習の難しさを感じるかもしれませんが、講師の方の中には小柄な女性もいますし、適切な指導を受けながら回数をこなすことで、カリキュラム後半の実技演習時には体への負担も少なくスムーズに介助することができるようになりますので安心してください。

〇自宅学習の難しさ
課題レポート提出は3回が基本のようです。
1回目は問題の提出範囲や問題数自体も少なくスムーズに実施できますが、2回、3回と進むにつれて出題範囲も広がり、難易度が高い問題も出てきます。提出期日には気を付けて進める必要があります。
そうは言っても、もちろんテキストには答えが書かれていますし、講義中に講師の方が要チェックと言っていた点をメモしておくと、効率良く課題レポートを進められるでしょう。

ご家族と同居している方や小さなお子さんがいる方にとって、学習環境を確保できるかという点も自宅学習での難しさを感じる点かもしれませんね。
スクールで自習室などがあれば有効的に活用してみるのも良いでしょう。

筆記試験の難易度と事前準備

初任者研修の筆記試験は、全日程の最後に1時間程度行われます。試験問題は選択式と記述式で出題され、合格点は100点満点中70点以上です。
カリキュラムを全て受講していれば、問題なく合格点は取ることができるので、難易度は決して高くないのですが、万が一不合格でも追試制度で合格できます。
※注)追試は無料がほとんどですが、事前に確認しておきましょう。

【筆記試験までに抑えておきたいポイント】
・提出課題レポートの内容見直し、受講中に要チェックと言われた点の復習
・選択式の問題は明らかに間違いのものを除外していくことで正解率を高められる。
※筆記試験前に出題傾向について話をしてくれることもありますので、聞き逃さないようにしましょう。
試験合格に向けて、是非試してみてください。

筆記試験の合格率

試験合格率は難易度を知るうえでとても役に立ちます。しかし、初任者研修の筆記試験については問題用紙と解答用紙も回収され、合格率は明確にされていません。なぜかというと、ほぼ受講者全員が合格できるからと言ってもよいでしょう。
そもそも「落とすための試験」ではなく、内容を理解し把握しているかを確認する意味合いが強い試験ですので、そこまで合格率や難易度にこだわる必要はありません。レポート課題で間違いばかりであったり、受講中の大事なポイントをチェックしていない、復習を全くしていないなどが無く最後まで受講した方であれば合格できるでしょう。
追試を受けた、受講したが修了できなかったなんていうことも聞いたことがありません。

スクール選びも重要

スムーズに受講するためには

受講する上で、スクール講師がどんなタイプの人なのか、どのような授業をしているのかも気になりますよね。
講師のタイプによって、分かりやすさや学びやすさも変わってきます。
HPやパンフレットだけで全てを理解することは不可能ですが、無料説明会を開催しているスクールもありますので、参加してみると良いかもしれません。明るい講師やスタッフが多い、教室内も広くて明るい雰囲気などを感じられれば受講前から安心できますね。

また、受講中はクラスメイトとの交流も重要ポイントです。
ほとんどのスクールで、カリキュラム初回に自己紹介などのオリエンテーションが設けられていますが、休憩時間やランチタイムなどで積極的にコミュニケーションを取ることをおすすめします。交流が深まり受講(通学)が楽しく感じられれば、モチベーションも高まりスムーズな受講につながるでしょう。

スクールまでのアクセス時間や環境も重要

スクールを決めた時には、自宅や職場の最寄駅から1駅で便利と感じていても、受講が進むにつれて面倒だと感じることが出てくることもあります。
自宅や職場から近ければ近いほど通いやすいですが、普段からよく使用する路線沿いや多少周辺環境を知っている場所で選ぶと最後まできちんと受講できる可能性がさらに高まるのではないでしょうか。

介護職員初任者研修の講座選びなら(最短)

サイトイメージ

BrushUP学びは介護系の資格を中心に、スクールや学校の情報をまとめたサイトです。最安・最短講座がエリアごとにまとめて比較できるので、非常に見やすいです。 どのスクールにするか迷っている場合、開講日程や分割払いなど細かい情報を一つ一つ調べるのはとても面倒ですが、BrushUP学びを使えば、最新の資料を一括でお取り寄せできます。もちろん無料です。まずはこのサイトから資料請求することをおすすめします。平日なら電話での請求も可能です。

資料請求はこちら