介護の資格最短net
介護職員初任者研修を最短で取得したい方へ 介護職員初任者研修を最短で取得したい方へ

「ホームヘルパー2級」が「初任者研修」に変更になった背景とは?

更新日:2018/07/09

  • facebook
はじめに

本記事では下記についてご紹介します。

なぜ「ホームヘルパー2級」が「初任者研修」に変わったの?

介護資格制度の見直し、介護キャリアパスの明確化が要因

厚生労働省の調べでは、65歳以上の人口伸び率と、生産年齢(15〜64歳)人口・労働力人口の減少率についての関係性を分析した結果、2025年までに介護職員数は現在の2倍以上必要であると予測されています。

国としては、将来的に介護職員の人材確保は大きな課題と感じたものの、単に介護職員数を増やしただけでは介護スキルや知識における質の低下を招くリスクもあると考えました。
そこで『介護職において優秀な人材をより多く育成する』ことを目的として、2013年4月1日の介護保険法施行規則改正で介護資格制度の見直し、介護キャリアパスを明確化しました。その際「ホームヘルパー2級」が「初任者研修」へと名称が変わりました。

介護のキャリアパス制度

キャリアパス ルート

資格制度改正以前は、「ホームヘルパー養成研修や介護職員基礎研修、介護福祉士」などさまざまな資格や研修が存在していました。それが介護人材キャリアパスの明確化に伴って、入門資格は『初任者研修』、最上位資格は『認定介護福祉士』と一本化されました。
(ホームヘルパー1級、介護職員基礎研修は廃止)

これから介護職員としての基礎知識・スキルを身につけようと考えている方は、基本的に初任者研修の資格取得から目指すことになります。また、将来的に介護福祉士資格を目指す場合には「実務者研修」を修了する必要があります。

『介護福祉士』は国家資格ですが、『初任者研修』は厚生労働省認定の公的資格、『実務者研修』は「文部科学大臣及び厚生労働大臣の指定した学校又は厚生労働大臣の指定した養成施設において介護福祉士として必要な知識及び技能を修得」するための研修とされています。

※補足:
資格や経験が無くても、実務者研修から受講することは可能です。ただし、実務者研修はある程度介護の基礎知識やスキルを習得している前提でカリキュラムがスタートします。そのため、介護初心者の方には学習内容についていく大変さがあるかもしれません。実際、初任者研修の資格が無いと受講出来ないスクールもあります。
詳しくは「初任者研修と実務者研修の違い」でも紹介していますので、参考にしてみてください。

初任者研修の価格を比較したい方は下記を参考にしてください。

名称変更による経過措置

ヘルパー2級は、介護職員初任者研修が出来たことにより廃止されましたが、介護職員初任者研修の修了要件を満たしているものと見なされます。また、2012年度までにホームヘルパー2級を修了した方は、資格失効になることはなく、新たに資格申請などの手続きも必要ありません。

※過去に「ホームヘルパー1級」「介護職員基礎研修」修了された方も、介護職員初任者研修の修了要件を満たしていることになります。

名称変更の他に変わったことは?

カリキュラム・学習内容と時間数

介護職員初任者研修では新たに『認知症の理解』が受講科目として追加されました。その背景には、厚生労働省からの資料でも発表されていますが、高齢者の人口比率と共に認知症患者数の増加傾向が影響していると思います。実際介護現場においても、より多く認知症患者の方に対応できることが課題となっているようです。

また、ヘルパー2級で実施されていた実習(30時間)が廃止されことで、その分スクーリングの授業時間も増えています。ただし、初任者研修の講座は全ての科目をスクーリングで学習しなければいけない、ということでもありません。スクーリングの時間数は最低89.5時間以上と決められています。
スクールでも「自宅学習とスクーリング」でのスケジュールが主流となっています。

初任者研修のカリキュラム・学習内容」でも詳しく紹介していますので、参考にしてみてください。

修了試験の実施

ヘルパー2級は全カリキュラムを修了すれば資格取得ができましたが、初任者研修では資格取得するためにカリキュラム修了後に1時間の試験(筆記)を受けて合格しなければなりません。ただし、授業内容をしっかり理解していれば問題なく合格できるレベルとなっています。
初任者研修の修了試験(筆記)について知りたい方は「試験難易度と合格率」を確認してみてください。

名称変更で職務に与える影響は?

仕事内容への影響はない!

実際のところ、"ヘルパー2級と介護職員初任者研修で変わりはありません"。そのため、介護現場で仕事するうえでの影響ないと言ってよいでしょう。

あえて言えば、実習が廃止されたことで現場での経験値に差が出るかもしれません。ただし、初任者研修の開講スクールでは、希望すれば介護現場での実習を受けられることもあります。気になる方はスクールへ相談してみるとよいでしょう。
また、ヘルパー2級資格取得者の方は『認知症の理解』の科目が無かったため、知識不足に感じるかもしれません。改めて初任者研修を受講してみるのも一つの方法ですが、仕事をする上で困ったという話は聞いたことがありません。

学校によっては講座名を「介護ヘルパー初任者研修」のように「ヘルパー」という単語を入れてわかりやすくしていますが、取れる資格は全て介護職員初任者研修で共通なので、安心して講座選びをしましょう。

履歴書での資格効力は同じ!?

ホームヘルパー2級資格取得者も、介護職員初任者研修の修了要件を満たしているものと見なされることもあり、履歴書での資格効力は同じと考えて良さそうです。既に修了している方は、引き続きヘルパー2級資格取得者として名乗ることができます。
『訪問介護員2級養成研修課程修了』または『ホームヘルパー2級修了』と自信を持って書きましょう。
※ホームヘルパー2級の正式名称は『訪問介護員2級養成研修課程修了』です。

注意点としては、『ホームヘルパー2級の修了者は、介護職員初任者研修の修了者ではない』ということです。
よって、ヘルパー2級を持っているが介護職員初任者研修を受講していない方は、履歴書に『介護職員初任者研修課程修了』と書くことはできません。

給与に違いはある?

求人情報を見ても、ホームヘルパー2級と初任者研修の資格による給与の違いは無いと言ってよさそうです。ちなみに、ホームヘルパー2級、もしくは初任者研修の資格を持っていれば、資格手当がつくケースがあります。介護職員として働くのであれば、持っておいて損はありません。

さらに給与アップを目指すのであれば、実務者研修、介護福祉士と順を追って資格取得していくとよいでしょう。興味・関心のある方は、是非チェレンジしてみてください。

初任者研修 目的別関連記事紹介

初任者研修についてもっと詳しく知りたい方のために、目的別に記事を紹介します。

目的 関連記事
初任者研修全般について知りたい 介護職員初任者研修とは?
初任者研修の価格を知りたい 介護職員初任者研修の費用・価格を徹底比較!
初任者研修資格を最短で取得する方法を知りたい 通信講座を利用して最短1ヶ月で介護職員初任者研修取得
初任者研修と実務者研修の違いを知りたい 実務者研修と初任者研修の違いを徹底解説
初任者研修の試験難易度について知りたい 介護職員初任者研修の試験難易度と合格率【体験談】
介護職員初任者研修の学習内容・カリキュラムについて知りたい 介護職員初任者研修の学習内容・カリキュラムを修了者が解説!
求人について知りたい 初任者研修資格が無くても介護の求人募集はあるの?

介護職員初任者研修の講座選びなら(最短)

サイトイメージ

BrushUP学びは介護系の資格を中心に、スクールや学校の情報をまとめたサイトです。最安・最短講座がエリアごとにまとめて比較できるので、非常に見やすいです。 どのスクールにするか迷っている場合、開講日程や分割払いなど細かい情報を一つ一つ調べるのはとても面倒ですが、BrushUP学びを使えば、最新の資料を一括でお取り寄せできます。もちろん無料です。まずはこのサイトから資料請求することをおすすめします。平日なら電話での請求も可能です。

資料請求はこちら