介護の資格最短net
介護福祉士の資格を最短取得したい 介護福祉士の資格を最短取得したい

ホームヘルパーから介護福祉士になるには

更新日:2018/10/30

  • facebook
はじめに

ホームヘルパーから介護福祉士になるには、介護福祉士国家試験の受験資格を満たし試験に合格する必要があります。ここでは、実務経験ルートで資格取得を目指す方法を紹介していきます。

ホームヘルパーとしての実務経験によって変わる!?

実務経験が3年以上の方

「実務経験3年以上」だけでは、介護福祉士資格試験を受けることができません。受験資格として、『介護職員実務者研修』の修了が義務付けられています。 また、介護福祉士試験に申込む際には、実務者研修の修了(予定)日も決められています。これから受講を考えている方は特に注意が必要ですね。
※国籍、性別、年齢、学歴等の制限はありません。

◎2018年度(2018年1月)試験の受験資格
・実務経験3年以上の条件
2018年3月31日までに3年以上の従事(見込も含)となる方

・実務者研修修了(予定)期日の条件
2018年12月31日までに修了(見込も含)予定の方

実務者研修を修了されていない方は、修了(予定)期日の条件に間に合うように受講するようにしましょう。

※実務者研修を受講修了されている方は、しっかりと介護福祉士試験に向けた準備をして合格目指して頑張ってください。スクールでは受験対策講座を開講されています。

実務経験が3年未満の方

指定期日までに実務経験が3年に達しない方は、介護福祉士の受験申し込みをすることができません。また、前述でも触れた通り「実務者研修の修了」も必要です。実務経験3年以上、実務者研修の修了の両条件を満たす時期を明確にするのが先決ですね。受験できるのはいつなのか、介護福祉士試験内容や受験申し込みのスケジュールなどをまとめましたので参考にしてみてください。

>> 介護福祉士試験、申込までのスケジュール

これから実務者研修の受講を検討される方は、修了時期には気をつけましょう。既に所有している介護資格によって受講期間は異なり、最長で6ヶ月程かかる場合もあります。後回しにしていると試験申込時に間に合わないこともありますので、早めに実務者研修を受講されることをおすすめします。

実務経験がゼロの方

介護の実務経験がない時点で、介護福祉士試験を受けることができません。実務経験3年以上、実務者研修の修了を目指して計画を立てながら進めてみてください。詳しくは『未経験から介護福祉士になるには』も参考にしてみてください。

資格取得ルートによって実技試験あり!?

介護技術講習会を修了していれば免除されます。

実務経験ルートでは筆記試験のみですが、福祉系高校ルートと経済連携ルートでの場合に限り実技試験を受ける必要があります。ただし、介護技術講習会を修了していれば免除されます。福祉系高校ルートと経済連携ルートで資格取得を目指す場合には注意が必要ですね。
介護技術講習会の開講スケジュールは流動的になっています。介護福祉士の試験を受けるのであれば、実務者研修を受講して受験する方法をおすすめします。

実務者研修について詳しく知りたい方はこちらのページをご覧下さい。無料で資料請求もできます。

介護福祉士 目的別関連記事紹介

介護福祉士についてもっと詳しく知りたい方のために、目的別に記事を紹介します。

目的 関連記事
働きながら介護福祉士になりたい 働きながら介護福祉士になるには
未経験から介護福祉士になりたい 未経験から介護福祉士になるには
中卒から介護福祉士になりたい 中卒から介護福祉士になるには
社会人から介護福祉士になりたい 社会人から介護福祉士になるには
介護福祉士のこと全般について知りたい 介護福祉士とは
介護福祉士の講座価格について知りたい 介護福祉士 通信講座のおすすめは?講座別で徹底比較
介護福祉士の試験について知りたい 介護福祉士国家試験について【2019年1月 第31回】
介護福祉士の合格率と難易度について知りたい 介護福祉士の合格率と難易度
介護福祉士国家試験 解答速報について知りたい 【2018年・第30回】介護福祉士国家試験 解答速報
介護福祉士試験の過去問・テキストについて知りたい 介護福祉士試験の過去問・テキストのおすすめは?
介護福祉士の仕事内容について知りたい 介護福祉士の仕事内容は?
介護福祉士の給料・年収について知りたい 介護福祉士の給料・年収はどのくらいなの?

介護福祉士の講座選びなら

サイトイメージ

BrushUP学びは介護系の資格を中心に、スクールや学校の情報をまとめたサイトです。最安・最短講座がエリアごとにまとめて比較できるので、非常に見やすいです。 どのスクールにするか迷っている場合、開講日程や分割払いなど細かい情報を一つ一つ調べるのはとても面倒ですが、BrushUP学びを使えば、最新の資料を一括でお取り寄せできます。もちろん無料です。まずはこのサイトから資料請求することをおすすめします。平日なら電話での請求も可能です。

資料請求はこちら