介護の資格最短net
介護福祉士の資格を最短取得したい 介護福祉士の資格を最短取得したい

介護福祉士試験の合格率・難易度は?

更新日:2019/01/18

  • facebook
はじめに

直近の介護福祉士国家試験【第31回】は、2019年1月27日(日)に実施される予定です。尚、第31回(2019年1月)試験結果については、公表され次第『解答速報』ページにて掲載していく予定です。
ここでは、過去に実施された介護福祉士国家試験の合格率と難易度について紹介していきます。これから受験予定の方は、参考にしてみてください。

過去に実施された介護福祉士国家試験の合格率・難易度は?

第30回介護福祉士国家試験(2018年1月)では合格率70%超え!?

2016年1月までは合格率60%前後を推移していましたが、第30回(2018年1月実施)では70.8%と前回に続いて70%を超えています。よって、合格しやすかったと感じている方も多いのではないでしょうか。

受験者人数は前回8万人を下回っていましたが、今回は9万人を上回っています。「実務経験3年以上」に加えて『実務者研修の受講必須』の義務付けされ、受験するための流れも浸透してきたと捉えることもできるのではないでしょうか。また、2018年1月(第30回)からは、指定の介護福祉士養成施設の卒業生にも介護福祉士テストの受験が義務付けられています。(経過措置により、卒業年度によってすぐ受験する必要はない。)この点も、前回に比べて受験者数が増えた要因と考えられるでしょう。

〇介護福祉士国家テスト 合格率と受験者
※全国の合計数値

『厚生労働省 第30回介護福祉士国家試験合格発表』を参照

実施時期 合格率 受験者数 合格者数
第31回 平成30年度 (2019年1月27日) - % - 人 - 人
第30回 平成29年度 (2018年1月28日) 70.8% 92,654人 65,574人
第29回 平成28年度 (2017年1月29日) 72.1% 76,323人 55,031人
第28回 平成27年度 (2016年1月24日) 57.9% 152,573人 88,300人
第27回 平成26年度 (2015年1月25日) 61.0% 153,808人 99,689人
第26回 平成25年度 (2014年1月26日) 64.6% 154,390人 93,760人
第25回 平成24年度 (2013年1月27日) 64.4% 136,375人 87,797人

前回に続いて合格率が70%を超え、介護福祉士資格テストは合格率が高いと感じる方も多いのではないでしょうか。実際、難関国家資格と呼ばれるものには合格率10%以下のテストもあります。受験資格やテスト形式などによっても異なるので、合格率だけで難易度を測ることはできませんが、介護福祉士は国家資格の中では取得しやすい資格と言えるでしょう。
ちなみに第1回の合格率は23.2%でしたので、合格率を見ても徐々に難易度は下がってきていると言えます。

前回実施された試験については『介護福祉士国家試験について【2019年1月 第31回】』にてまとめてあります。

介護福祉士受験対策講座は下記リンクから資料請求ができます。

第30回介護福祉士国家試験は難しかった?

第30回(2018年1月実施)の難易度は、実際受験された方にとってどうだったのでしょうか。インターネットの書き込みなどを見る限り、簡単だった、勉強を頑張った甲斐があったというコメントが多い印象です。時間をかけてコツコツと勉強していた方にとっては、合格できる内容だったのではないかと思います。特に回答に悩まされたという意見も無かったようなので、さほど難しくなかったのではないかと推測しています。

介護福祉士の合格ライン

◎第30回 筆記の合格基準
合格するには2つの条件を満たす必要があります。
1 総得点125点に対し、得点77点以上
2 「11科目群」すべてで最低1問は正解すること
全125問 1問1点
※毎年総得点の60%程度を基準に、その年の問題の難易度によって補正されます。第30回テストでは2点補正されたことになります。

◎第30回 実技の合格基準
合格条件は点数のみです。
1 総得点100点に対し、得点60.00点以上
※毎年総得点の60%程度を基準に、その年の問題の難易度によって補正されます。第30回テストでは補正無かったことになります。

〇分野別 合格基準点

実施時期 筆記
合格基準点 / 総得点
実技
合格基準点 / 総得点
第31回 平成30年度
(2019年1月27日)
- 点 / 125点 - 点 / 100点
第30回 平成29年度
(2018年1月28日)
77点 / 125点 60点 / 100点
第29回 平成28年度
(2017年1月29日)
75点 / 125点 53.33点 / 100点
第28回 平成27年度
(2016年1月24日)
71点 / 120点 46.67点 / 100点
第27回 平成26年度
(2015年1月25日)
68点 / 120点 46.67点 / 100点
第26回 平成25年度
(2014年1月26日)
68点 / 120点 46.67点 / 100点
第25回 平成24年度
(2013年1月27日)
69点 / 120点 53.33点 / 100点

筆記に限っていえば、前回から合格基準点は2点も上がっています。出題範囲の追加(医療的ケア)によって120問から125問に増えたので、比較のしづらさはあります。
合格基準点は、『総得点の60%程度(75点)とし、問題の難易度によって補正される』とされていますが、第30回でいえば77点でした。要は問題の難易度により2点補正されたことになります。
合格基準点は上がっているため、総得点の60%(75点)以上は獲れるようにする必要がありますね。

介護福祉士全般について詳しく知りたい方はこちらのページをご覧下さい。無料で資料請求もできます。

目指せ一発合格!おさえるべきポイント

筆記編

介護福祉士国家テストでは、総得点125点に対し、総得点の60%程度を基準とし、かつ「11科目群」すべてで最低1問は正解することが合格基準とされています。満点を目指すことが理想ですが、一番の目的は合格ライン以上の点数を獲って資格取得することです。極力無駄のない効率的な学習方法で勉強し、合格したいものです。
おさえるべきポイントについて紹介しますので、参考にしてみてください。

●具体的な勉強スケジュールと繰り返しの復習
参考書を見て覚えるのではなく、過去問題集を繰り返し解きながら復習する方法をおすすめします。
また、出題数の多い科目から進めると、より合格点に一歩近づきます。

●問題集選びが重要
解説がしっかり書かれている問題集を選ぶと良いでしょう。間違った理由が明確に分かれば理解も深まるはずです。

●モチベーションの維持
合格後の自分をイメージしながら、日々の勉強を実施してみてください。そうすることで、勉強しているときのモチベーションの違いが出て、維持できるはずです。

●正解を導くちょっとしたコツ
5肢択一式のマークシート方式を活かしましょう。明らかに不正解だというものを省いていき、選択肢を少なくする。正解率を高めるちょっとしたコツです。

より効率的かつ確実に筆記で合格したい方には、スクールで開講されている受験対策講座の受講をおすすめします。勉強の進め方や問題を解く際のコツ、本番を想定した模擬など、万全な準備で受験することができるでしょう。
費用面、スケジュール面で受講が可能な方は、合格をより確実にする方法として検討されてみてはいかがでしょうか。

実技編

第29回(2017年1月)より、実務者研修の修了が必須となったことで、実技は事実上廃止となっています。そのため、実務ルートで受験する場合には実技はありません。(筆記のみ)

※注)福祉系高校卒ルートと経済連携協定(EPA)ルートの方は受験コースの選択によって実務を受ける必要があります。過去の実技について紹介しますので、受験される方は参考にしてみてください。

●繰り返しの実践
実技本番で余裕を持てるよう、家族や知人、友人などを相手に何度も繰り返し実践してみてください。
※注)危険行為をしないように。(患部の扱い方、患側への注意を心がける など)

●元気のよいコミュニケーションを心がける
テスト官に良い印象を与えるため、行動をする度に確認、同意を得ながらの介助を心がけるようにしましょう。

●問題文の理解力を高めるトレーニング
緊張の中でもスムーズに実施するため、どのようなシチュエーションなのか、登場人物の名前は?、介助者はどんな状態でどのようなことをしてあげるのか、また注意すべき点はなにかなど、問題文を見て理解するトレーニングを実施してみるとよいでしょう。
整理することで、気持ちにも余裕が生まれ、良い結果につながるのではないでしょうか。

●実技テストの流れを想定した練習
できる限りスムーズに実技テストを受けられるかもポイントです。
テスト前に実施すること、実技テスト中に確認、実施しなければならない点をパターン化し、自然に出来るよう準備しましょう。特に、声掛けは自然に出るようにしておくと良いでしょう。

●テスト当日の服装
実技テスト時の服装は自由ですが、介護者としてさわしくない服装(派手な服装や、動きを妨げる服装)は避けましょう。特に、アクセサリー類は危険物とみなされるので注意しましょう。

介護福祉士全般について詳しく知りたい方はこちらのページをご覧下さい。無料で資料請求もできます。

介護福祉士 目的別関連記事紹介

介護福祉士についてもっと詳しく知りたい方のために、目的別に記事を紹介します。

目的 関連記事
介護福祉士を全般的に知りたい 介護福祉士とは
介護福祉士の講座価格について知りたい 介護福祉士 通信講座のおすすめは?講座別で徹底比較
介護福祉士の試験について知りたい 介護福祉士国家試験について【2019年1月 第31回】
介護福祉士国家試験 解答速報について知りたい 【2018年・第30回】介護福祉士国家試験 解答速報
介護福祉士試験の過去問・テキストについて知りたい 介護福祉士試験の過去問・テキストのおすすめは?
介護福祉士の仕事内容について知りたい 介護福祉士の仕事内容は?
介護福祉士の給料・年収について知りたい 介護福祉士の給料・年収はどのくらいなの?
ヘルパーと介護福祉士の違いについて知りたい ヘルパーと介護福祉士の違い

介護福祉士の講座選びなら

サイトイメージ

BrushUP学びは介護系の資格を中心に、スクールや学校の情報をまとめたサイトです。最安・最短講座がエリアごとにまとめて比較できるので、非常に見やすいです。 どのスクールにするか迷っている場合、開講日程や分割払いなど細かい情報を一つ一つ調べるのはとても面倒ですが、BrushUP学びを使えば、最新の資料を一括でお取り寄せできます。もちろん無料です。まずはこのサイトから資料請求することをおすすめします。平日なら電話での請求も可能です。

資料請求はこちら