介護の資格最短net
介護福祉士の資格を最短取得したい 介護福祉士の資格を最短取得したい

未経験から介護福祉士になるには

更新日:2018/10/30

  • facebook
はじめに

未経験から介護福祉士になるにはどうすれば良いのでしょうか?当ページでは、未経験から介護福祉士になる方法について紹介していきます。

未経験から介護福祉士になるには3つの資格取得ルートがあります

未経験から介護福祉士になるには、「実務経験ルート」「養成施設ルート」「福祉系高校ルート」という3つのルートがあります。ここで、各ルートの概要について紹介していきたいと思います。

〇実務経験ルート

介護施設で働きながら国家試験を受験するルートは『実務経験ルート』と呼ばれ、最もスタンダードな資格取得方法と言えます。介護現場で働きながら取得を目指せるので、仕事と直結する資格の取得はモチベーションにもなります。また、他のルートで介護福祉士を目指すよりも費用面でリーズナブルなところもメリットの1つです。実務経験ルートから介護福祉士になるためには、介護現場での実務経験と介護職員実務者研修という資格を事前に取得するという2つのステップが必要です。

必要実務経験は3年以上と決まっていますので、未経験から国家試験を受けて介護福祉士になるには、最短でも3年間はかかることになります。

実務経験ルートでは、実務者研修講座を修了していることが必須条件になるため、まずは実務者研修講座を開講しているスクールに通うことが必要です。 実務者研修やスクール選びに関して詳しく知りたい方は、下記リンクをご参照ください。各スクールの資料を無料で請求することもできます。

〇養成施設ルート

3つの資格取得ルートで最も早く取得ができるルートは『養成施設ルート』になります。養成施設ルートでは最短で1年、介護福祉関連の学校をでていなくても2年で介護福祉士の受験資格を得ることができます。最低3年かかる実務経験ルートと比較しても短期で目指せます。短期大学や専門学校に通う必要があるので、費用面と時間面が気になるとは思いますが、選択肢の一つになるかと思います。

〇福祉系高校ルート

福祉系高校、又は福祉系特例高等学校を卒業し、国家試験を受けることで介護福祉士の資格取得を目指すのが『福祉系高校ルート』です。 2009年(平成21年)以降の入学者とそれ以前の入学者で受験資格が異なります。

実務者研修について詳しく知りたい方はこちらのページをご覧下さい。無料で資料請求もできます。

未経験から介護福祉士を目指すにはどのルートがおすすめ?

働きながら介護福祉士資格を目指すなら『実務経験ルート』

働きながら介護福祉士資格を目指す場合、終日学校に通って学習することは難しいですよね。『実務経験ルート』で必要な実務者研修は、受講スケジュールもライフスタイルに合わせて選択できます。また、かかる費用も養成施設に通うよりリーズナブルなのでおすすめです。
実務者研修はスクールによって受講料にも差がありますし、開講コースも平日や土日・夜間などさまざまです。自分に合ったスクール選びをするには、複数スクールのパンフレットを資料請求して比較検討されることをおすすめします。 実務者研修やスクール選びに関して詳しく知りたい方は、下記リンクをご参照ください。各スクールの資料を無料で請求することもできます。

ただ留意していただきたいのは、介護のお仕事は介護福祉士の資格を持っていなくても(まったく資格を持っていなくても)できるということです。
本当に自分が介護業界で働いていけるのか、向いているのかを確かめる意味でも、まずは現場で働いてみるのもよいかと思います。
未経験から無資格で働ける施設もありますが、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)を取得していると職場の幅は広がります。

初任者研修やスクール選びに関して詳しく知りたい方は、下記リンクをご参照ください。各スクールの資料を無料で請求することもできます。

【ルート別】未経験から介護福祉士資格の取得条件まとめ

実務経験ルートの場合

・介護福祉士国家試験に合格する
・実務経験年数3年以上
・介護職員実務者研修の受講が必須
実務者研修やスクール選びに関して詳しく知りたい方は、下記リンクをご参照ください。各スクールの資料を無料で請求することもできます。

養成施設ルートの場合

・介護福祉士養成施設を卒業
・介護福祉士国家試験に合格する
・事前に必要な資格はなし
・福祉系大学、社会福祉士養成施設、保育士養成施設の卒業者は最短1年
・普通科の高校卒業者は最短2年
介護福祉士やスクール選びに関して詳しく知りたい方は、下記リンクをご参照ください。各スクールの資料を無料で請求することもできます。

福祉系高校ルートの場合

・福祉系高校、又は福祉系特例高等学校を卒業
・福祉系高校を平成21年度以降に入学された方
 卒業後に筆記試験で合格すれば介護福祉士の資格取得が可能
・平成20年度以前に入学された方
 卒業後に筆記試験、実技試験で合格すれば資格取得が可能です。
 ※「介護技術講習」を受講されている方は、介護福祉士の実技試験が免除となります。

介護福祉士 目的別関連記事紹介

介護福祉士についてもっと詳しく知りたい方のために、目的別に記事を紹介します。

目的 関連記事
ホームヘルパーから介護福祉士になりたい ホームヘルパーから介護福祉士になるには
働きながら介護福祉士になりたい 働きながら介護福祉士になるには
中卒から介護福祉士になりたい 中卒から介護福祉士になるには
社会人から介護福祉士になりたい 社会人から介護福祉士になるには
介護福祉士のこと全般について知りたい 介護福祉士とは
介護福祉士の講座価格について知りたい 介護福祉士 通信講座のおすすめは?講座別で徹底比較
介護福祉士の試験について知りたい 介護福祉士国家試験について【2019年1月 第31回】
介護福祉士の合格率と難易度について知りたい 介護福祉士の合格率と難易度
介護福祉士国家試験 解答速報について知りたい 【2018年・第30回】介護福祉士国家試験 解答速報
介護福祉士試験の過去問・テキストについて知りたい 介護福祉士試験の過去問・テキストのおすすめは?
介護福祉士の仕事内容について知りたい 介護福祉士の仕事内容は?
介護福祉士の給料・年収について知りたい 介護福祉士の給料・年収はどのくらいなの?

介護福祉士の講座選びなら

サイトイメージ

BrushUP学びは介護系の資格を中心に、スクールや学校の情報をまとめたサイトです。最安・最短講座がエリアごとにまとめて比較できるので、非常に見やすいです。 どのスクールにするか迷っている場合、開講日程や分割払いなど細かい情報を一つ一つ調べるのはとても面倒ですが、BrushUP学びを使えば、最新の資料を一括でお取り寄せできます。もちろん無料です。まずはこのサイトから資料請求することをおすすめします。平日なら電話での請求も可能です。

資料請求はこちら