介護の資格最短net
介護福祉士の資格を最短取得したい 介護福祉士の資格を最短取得したい

【2018年・第30回】介護福祉士国家試験 解答速報

更新日:2019/01/18

  • facebook
はじめに

【2018年・第30回】介護福祉士国家試験 解答速報について解説します。

これから介護福祉士の受験を考えている方はこちらのページをご覧下さい。各スクールの資料を無料で取り寄せるもできます。

第30回介護福祉士国家試験 解答速報

【2018年・第30回】介護福祉士国家試験の正式解答が発表!

2018年(第30回)介護福祉士国家試験の正式解答が、2018年3月28日(水)に公益財団法人 社会福祉振興・試験センターより発表されました。受験された方は、実際に何点獲れたのか確認をしてみてください。尚、2018年(第30回)試験の合格基準点は77点でした。
以下に正式解答をまとめましたので、参考にしてみてください。

第30回 介護福祉士国家試験(筆記) 解答速報

▽午前の部【1問〜68問】

問題 解答 問題 解答 問題 解答
問題1 1 問題31 3 問題61 4
問題2 2 問題32 2 問題62 3
問題3 5 問題33 1 問題63 2
問題4 4 問題34 3 問題64 1
問題5 4 問題35 5 問題65 2
問題6 4 問題36 1 問題66 4
問題7 2 問題37 3 問題67 4
問題8 5 問題38 4 問題68 5
問題9 1 問題39 3
問題10 3 問題40 1
問題11 4 問題41 5
問題12 4 問題42 2
問題13 1 問題43 5
問題14 2 問題44 3
問題15 5 問題45 3
問題16 4 問題46 2
問題17 5 問題47 5
問題18 2 問題48 2
問題19 4 問題49 5
問題20 5 問題50 4
問題21 5 問題51 1
問題22 1 問題52 4
問題23 5 問題53 3
問題24 4 問題54 2
問題25 4 問題55 1
問題26 3 問題56 3
問題27 1 問題57 2
問題28 3 問題58 4
問題29 4 問題59 2
問題30 5 問題60 4

▽午後の部【69問〜125問】

問題 解答 問題 解答 問題 解答
問題69 5 問題91 1 問題113 3
問題70 3 問題92 3 問題114 5
問題71 4 問題93 5 問題115 3
問題72 1 問題94 4 問題116 4
問題73 3 問題95 3 問題117 5
問題74 2 問題96 2 問題118 3
問題75 5 問題97 2 問題119 2
問題76 1 問題98 2 問題120 1
問題77 3 問題99 4 問題121 1
問題78 2 問題100 3 問題122 4
問題79 5 問題101 1 問題123 2
問題80 2 問題102 2 問題124 4
問題81 3 問題103 2 問題125 1
問題82 4 問題104 5
問題83 3 問題105 1
問題84 1 問題106 3
問題85 5 問題107 5
問題86 5 問題108 3
問題87 4 問題109 1
問題88 5 問題110 5
問題89 3 問題111 2
問題90 4 問題112 1

『公益財団法人 社会福祉振興・試験センター 介護福祉士 合格基準・正答一覧』を参照

これから介護福祉士の受験を考えている方はこちらのページをご覧下さい。各スクールの資料を無料で取り寄せるもできます。

何点獲れれば合格できるの?

総得点の60%程度(75点)が合格基準点!

介護福祉士試験(筆記)の合格基準は、総得点の60%程度(75点)とされています。ただし、実施年度の問題難易度により補正されることがあり、正式な合格発表がされるまでは何点獲れば合格と言えないのが現状です。
第25回〜第29回までのデータを見る限り『一番低かったのが68点、高かったのが75点』となっています。
ちなみに、第30回試験では77点が合格基準点でした。

〇筆記試験 合格基準点

実施時期 合格基準点 / 総得点
第31回 平成29年度(2018年1月27日) - 点 / 125点
第30回 平成29年度(2018年1月28日) 77点 / 125点
第29回 平成28年度(2017年1月29日) 75点 / 125点
第28回 平成27年度(2016年1月24日) 71点 / 120点
第27回 平成26年度(2015年1月25日) 68点 / 120点
第26回 平成25年度(2014年1月26日) 68点 / 120点
第25回 平成24年度(2013年1月27日) 69点 / 120点

介護福祉士国家試験の受験者数や合格率、難易度傾向については「介護福祉士国家試験の難易度と合格ライン」で詳しく紹介していますので、こちらも参考にしてみてください。

これから介護福祉士の受験を考えている方はこちらのページをご覧下さい。各スクールの資料を無料で取り寄せるもできます。

試験に合格された方は、資格登録を行いましょう!

介護福祉士として働くには『資格の登録証』が必要です!

介護福祉士国家試験に合格したからといって、すぐに介護福祉士として働けるわけではありません。試験合格後に『資格登録の申請して登録証を受け取る』必要があります。尚、申請をしてから登録証を受け取るまでに1ヶ月〜1.5ヶ月程かかります。合格された方は速やかに手続きを済ませるようにしましょう。

申請から登録証の受け取りまでの手順は『介護福祉士国家試験の難易度と合格ライン』の中でも紹介していますので、是非参考にしてみてください。

これから介護福祉士の受験を考えている方はこちらのページをご覧下さい。各スクールの資料を無料で取り寄せるもできます。

介護福祉士 目的別関連記事紹介

介護福祉士についてもっと詳しく知りたい方のために、目的別に記事を紹介します。

目的 関連記事
介護福祉士を全般的に知りたい 介護福祉士とは
介護福祉士の講座価格について知りたい 介護福祉士 通信講座のおすすめは?講座別で徹底比較
介護福祉士の試験について知りたい 介護福祉士国家試験について【2019年1月 第31回】
介護福祉士の合格率と難易度について知りたい 介護福祉士の合格率と難易度
介護福祉士試験の過去問・テキストについて知りたい 介護福祉士試験の過去問・テキストのおすすめは?
介護福祉士の仕事内容について知りたい 介護福祉士の仕事内容は?
介護福祉士の給料・年収について知りたい 介護福祉士の給料・年収はどのくらいなの?
ヘルパーと介護福祉士の違いについて知りたい ヘルパーと介護福祉士の違い

これから介護福祉士の受験を考えている方はこちらのページをご覧下さい。各スクールの資料を無料で取り寄せるもできます。

介護福祉士の講座選びなら

サイトイメージ

BrushUP学びは介護系の資格を中心に、スクールや学校の情報をまとめたサイトです。最安・最短講座がエリアごとにまとめて比較できるので、非常に見やすいです。 どのスクールにするか迷っている場合、開講日程や分割払いなど細かい情報を一つ一つ調べるのはとても面倒ですが、BrushUP学びを使えば、最新の資料を一括でお取り寄せできます。もちろん無料です。まずはこのサイトから資料請求することをおすすめします。平日なら電話での請求も可能です。

資料請求はこちら