介護の資格最短net
介護福祉士の資格を最短取得したい 介護福祉士の資格を最短取得したい

介護福祉士国家試験について【2019年1月 第31回】

更新日:2018/08/17

  • facebook
介護福祉士国家試験とは?

介護福祉士国家試験は介護福祉士資格を取得するための試験で、筆記試験と実技試験が年に各1回ずつ実施されています。直近での試験予定は、第31回試験(2019年1月実施)となります。

介護福祉士試験概要【試験日・試験会場・受験資格・申し込み手順】

介護福祉士国家試験日はいつ?試験会場は?

第31回介護福祉士国家試験は筆記試験が2019年1月27日(日)、実技試験が2019年3月3日(日)にあります。

●第27回介護福祉士国家試験・・・平成26年(2014年)度=平成27年(2015年)1月 終了
●第28回介護福祉士国家試験・・・平成27年(2015年)度=平成28年(2016年)1月 終了
●第29回介護福祉士国家試験・・・平成28年(2016年)度=平成29年(2017年)1月 終了
●第30回介護福祉士国家試験・・・平成29年(2017年)度=平成30年(2018年)1月 終了
●第31回介護福祉士国家試験・・・平成30年(2018年)度=平成31年(2019年)1月27日(日)

試験日・受験場所 一覧表

実施試験 試験日 受験場所
筆記試験 2019年1月27日(日) 北海道、青森県、岩手県、宮城県
秋田県、福島県、群馬県、埼玉県
千葉県、東京都、神奈川県、新潟県
石川県、岐阜県、静岡県、愛知県
京都府、大阪府、兵庫県、和歌山県
鳥取県、島根県、岡山県、広島県
香川県、愛媛県、高知県、福岡県
長崎県、熊本県、大分県、宮崎県
鹿児島県、沖縄県
※34か所で実施
実技試験
(基本無し)

・福祉系高校卒ルート
・経済連携協定(EPA)ルート
上記ルートで受験選択した場合のみ実施
2019年3月3日(日) 東京都、大阪府
2か所で実施

※合格発表は2019年3月27日(水)を予定。

受験資格を満たしているか確認しましょう!

介護福祉士国家試験を受験するためには、以下の受験資格を満たす必要があります。

●介護福祉士養成施設(2年以上)を卒業(修了)した方
●介護福祉士養成施設(1年以上)を卒業(修了)した方
※詳細は「養成施設ルートで資格取得するには」も参考にしてみてください。

●3年以上(従業期間3年以上、従事日数540日以上)介護等の業務に従事し、実務者研修を修了した方
●3年以上(従業期間3年以上、従事日数540日以上)介護等の業務に従事し、介護職員基礎研修と喀痰吸引等研修(第1号研修または第2号研修)を修了した方
※詳細は「実務経験ルートで資格取得するには」も参考にしてみてください。

●福祉系高校を平成21年度以降に入学し、新カリキュラムを履修して卒業した方
●特例高校(高校:平成21〜25、28〜30年度・専攻科:平成21〜25、28〜31年度に入学)して、卒業日翌日以後に9か月以上(従業期間9ヶ月以上、従事日数135日以上)介護等の業務に従事した方
●福祉系高校を平成20年度以前に入学して、旧カリキュラムを履修して卒業した方
※詳細は「福祉系高校ルートで資格取得するには」も参考にしてみてください。

●経済連携協定(EPA)であって、3年以上(従業期間3年以上、従事日数540日以上)介護等の業務に従事した方
※詳細は「EPA介護福祉士候補者とは」も参考にしてみてください。

受験資格として認められないケース
以下のケースは受験資格として認められませんので、注意しましょう。

実務経験に該当する「施設・事業」や「職種」ではない場合
実務経験に該当しない「施設・事業」や「職種」での経験は、従業期間3年以上、従事日数540日以上に含まれませんので、注意しましょう。「実務経験の範囲」で事前に確認するようにしましょう。

従事日数(540日以上)は満たしているが、従業期間3年以上(1,095日以上)を満たしていない場合
従事日数、従業期間の両方で必要日数(年数)を満たす必要があります。いずれか一方だけでは、受験資格を得ることができません。

3年以上(従業期間3年以上、従事日数540日以上)介護等の業務に従事しているが、実務者研修を受講していない場合
実務経験ルートで資格取得を目指す場合、3年以上「従事日数(540日以上)、且つ従業期間3年以上(1,095日以上)」介護等の業務に従事していても、実務者研修を受講していなければ基本的に試験を受けることができません。(介護職員基礎研修と喀痰吸引等研修を修了されている方は除く。)実務者研修の資格取得をするようにしましょう。

実務者研修全般について詳しく知りたい方はこちらのページをご覧下さい。無料で資料請求もできます。

また、目的別で役立つ情報もまとめてみましたので、参考にしてみてください。

目的 参考ページ
働きながらスムーズに実務者研修を受講したい 実務者研修の学習内容・カリキュラムと受講期間
できるだけ安く受講したい 実務者研修の費用・価格を学校別で徹底比較
通信講座で実務者研修の資格取得を目指したい 介護福祉士実務者研修は通信講座だけで修了できるの?
自宅近くで実務者研修の受講先を探したい 都道府県から探す

介護福祉士全般について詳しく知りたい方はこちらのページをご覧下さい。無料で資料請求もできます。

介護福祉士国家試験 申し込み手順について

第31回(2019年1月実施)介護福祉士国家試験の受験申込手続きを紹介します。

介護福祉士試験 申し込み手順

「受験の手引」の請求 【請求方法】
●インターネットでの請求
「公益財団法人 社会福祉振興・試験センター」HPで請求可能

●郵便はがきでの請求
送付先:
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1丁目5番6号
公益財団法人 社会福祉振興・試験センター宛

請求後、必要書類が手元に届くまで数日かかるため、余裕を持って2018年8月1日(水)までに請求するとよいでしょう。郵便はがきの場合には、速達での請求がおすすめです。

※注)発送は日本国内に限り、『受験の手引』の請求は1人1部のみ(予備請求は不可)となっています。
受験申込手続き 【受験申込期間】
2018年8月8日(水)から9月7日(金)まで(消印有効)までに郵送で提出

送付先や送付物など、詳しくは「受験の手引」に同封されている内容を確認してみてください。

お問い合わせ先:
公益財団法人 社会福祉振興・試験センター
03-3486-7559(国家試験情報専用電話案内)
※上記連絡先にダイヤル後、以下3桁の数字をダイヤルすると、誘導案内無く必要な情報を聞くことができます。

介護福祉士全般について詳しく知りたい方はこちらのページをご覧下さい。無料で資料請求もできます。

介護福祉士試験問題の内容は?

介護福祉士 筆記試験問題

第31回(2019年1月実施)試験の内容は現在準備中ですので、第30回(2018年1月実施)試験の内容を紹介します。参考にしてみてください。

試験時間
午前の部:
10時00分〜11時50分
※以下に該当する方は、試験時間が異なります。
弱視等受験者:10時00分〜12時25分
点字等受験者:10時00分〜12時45分
EPA候補者:10時00分〜12時45分

午後の部:
13時45分〜15時35分
※以下に該当する方は、試験時間が異なります。
弱視等受験者:13時45分〜16時10分
点字等受験者:13時45分〜16時30分
EPA候補者13時45分〜16時30分

試験問題形式
マークシート方式(五肢択一)、配点は1問1点

合格基準
問題の総得点の60%程度、且つ指定の11科目群全てで得点。

試験科目・問題数
試験科目、問題数を一覧でまとめてみました。また、過去問題も参考に参考にしてみてください。
※過去問題は、第30回試験問題となっています。

受験料
15,300円

▽【筆記試験】試験科目と問題数

領域 試験科目 問題数 過去問
(第30回試験)
人間と社会 人間の尊厳と自立 2 試験問題
人間関係とコミュニケーション 2 試験問題
社会の理解 12 試験問題
介護 介護の基本 10 試験問題
コミュニケーション技術 8 試験問題
生活支援技術 26 試験問題
介護過程 8 試験問題
こころとからだのしくみ 発達と老化の理解 8 試験問題
認知症の理解 10 試験問題
障害の理解 10 試験問題
こころとからだのしくみ 12 試験問題
医療的ケア 医療的ケア 5 試験問題
総合問題 12 試験問題
125問

※解答については『第30回介護福祉士国家試験の合格基準及び正答について』でご確認ください。

※過去問についてはこちらのページで詳しく解説しているので、合わせてご確認ください。

介護福祉士 実技試験問題

第31回(2019年1月実施)試験で実技試験を受けるケースは『福祉系高校卒ルート、経済連携協定(EPA)ルートの方で受験選択した場合のみ』となっています。参考までに、過去の実技試験内容(第26〜28回分)を紹介します。

試験時間
受験者1人につき5分間以内で実施。

合格基準
課題の総得点(100点満点)の60%程度が基準。
(課題の難易度により補正される場合もあり)

〇実技試験課題例(第28回):
山田さん(85)は、右上下肢に麻痺があります。移乗は一部介助が必要です。車いすを使用して、全介助で移動しています。 山田さんは、テラスでレクリエーションを終えて、車いすに浅く座っています。 山田さんは、少し疲れたと言って、飲み物を希望しています。 途中にある段差を超えて食堂まで移動してください。そして、椅子に移乗して、飲み物をすすめるまでの介助を行ってください。 山田さんの返事は、「はい」または、うなずくだけです。

〇実技試験課題例(第27回):
青木かおるさん(93歳)は、下肢筋力が低下して杖を使用しています。立ち上がりと歩行に一部介助が必要です。
今、本人は居間で横になっています。
青木さんは「窓の近くにある植木に水をやりたい」と言っています。青木さんが窓の近くまで移動して、いすに座るまでの介護をしてください。
青木さんは右利きです。
青木さんの返事は、「はい」または、うなずくだけです。

〇実技試験課題例(第26回):
遠藤ミツさん(80歳)は、2ヶ月前に視力を失い、生活全般に一部介助を必要としています。
遠藤さんは、食事に行く準備を整え、身だしなみを気にしています。
居室のいすに座っている遠藤さんを食堂まで歩行介助してください。
そして、遠藤さんが食卓について、スプーンを持つまでの介助をしてください。
本日の献立はカレーライスです。
遠藤さんの返事は、「はい」または、うなずくだけです。

介護福祉士国家試験の難易度や合格ラインについて気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。試験の難易度や合格ラインに関するポイントを以下ページにまとめました。こちらも参考にしてみてください。

介護福祉士全般について詳しく知りたい方はこちらのページをご覧下さい。無料で資料請求もできます。

一発で介護福祉士試験合格を目指すには

介護福祉士筆記試験対策講座の受講がおすすめ!

介護福祉士筆記試験に向けた準備は必要ですよね。履修した内容を復習するのも1つの方法ですが、介護資格系のスクールでは、介護福祉士資格の筆記試験対策講座も開講されています。
受講時間の確保、費用負担などはありますが、介護福祉士 筆記試験の合格率をアップさせたい方にはおすすめです。また、直前の模擬試験対策講座の開講スクールもあります。

筆記試験対策講座 スクーリング期間目安:
12〜16日程度(約3か月)

受講費用目安:
通学:10〜15万円
通信:3〜5万円程度

スクールによって受講料と開講場所も異なりますが、後悔しない納得のいくスクール選びをするためには複数の講座で比較検討し、自分に合った講座選びをしてみてください。また、受講申込をする際には余裕を持って申込むようにしましょう。

介護福祉士 目的別関連記事紹介

介護福祉士についてもっと詳しく知りたい方のために、目的別に記事を紹介します。

目的 関連記事
介護福祉士を全般的に知りたい 介護福祉士とは
介護福祉士の講座価格について知りたい 介護福祉士 通信講座のおすすめは?講座別で徹底比較
介護福祉士の合格率と難易度について知りたい 介護福祉士の合格率と難易度
介護福祉士国家試験 解答速報について知りたい 【2018年・第30回】介護福祉士国家試験 解答速報
介護福祉士試験の過去問・テキストについて知りたい 介護福祉士試験の過去問・テキストのおすすめは?
介護福祉士の仕事内容について知りたい 介護福祉士の仕事内容は?
介護福祉士の給料・年収について知りたい 介護福祉士の給料・年収はどのくらいなの?
ヘルパーと介護福祉士の違いについて知りたい ヘルパーと介護福祉士の違い

介護福祉士の講座選びなら

サイトイメージ

BrushUP学びは介護系の資格を中心に、スクールや学校の情報をまとめたサイトです。最安・最短講座がエリアごとにまとめて比較できるので、非常に見やすいです。 どのスクールにするか迷っている場合、開講日程や分割払いなど細かい情報を一つ一つ調べるのはとても面倒ですが、BrushUP学びを使えば、最新の資料を一括でお取り寄せできます。もちろん無料です。まずはこのサイトから資料請求することをおすすめします。平日なら電話での請求も可能です。

資料請求はこちら