介護の資格最短net
社会福祉士国家資格を最短で取得したい方へ 社会福祉士国家資格を最短で取得したい方へ

社会福祉士試験とは?

更新日:2019/09/06

  • facebook
社会福祉士資格【国家資格】を取得するための試験です。

社会福祉士国家試験は社会福祉士資格を取得するための試験で、年1回(2月上旬)に実施されています。
次回の社会福祉士国家試験は、令和2年2月2日(日)を予定してます。 現在、受験申込書の受付期間中で、令和元年9月5日(木曜日)から10月4日(金曜日)が受付期間となっております。
以下には次回以降の受験される方への参考に、第32回社会福祉士試験概要(日程、受験地、出題範囲、問題数)や受験するまでの手順について紹介していきたいと思います。

>> 社会福祉士試験対策講座の資料請求(無料)

第32回【令和2年2月】社会福祉士試験概要【試験日・試験会場】

試験日や試験会場などの詳細

受験する際には申し込み手続きが必要で、期間が決まっています。受験を希望される方は、期間内に忘れず申し込むようにしましょう。試験日程や受験会場などを一覧でまとめてみました。

試験日・受験場所 一覧表

試験日 受験申し込み期間 受験場所
2020年(令和2年)2月2日 2019年(令和元年)9月5日(木曜日)から10月4日(金曜日)(消印有効)まで 【北海道・東北エリア】
北海道、青森県、岩手県、宮城県
【関東エリア】
埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県
【甲信越・北陸エリア】
新潟県、石川県
【東海エリア】
岐阜県、愛知県
【近畿エリア】
京都府、大阪府、兵庫県
【中国・四国エリア】
島根県、岡山県、広島県、香川県、愛媛県
【九州・沖縄エリア】
福岡県、熊本県、鹿児島県、沖縄県
※24か所で実施

※合格発表は2020年(令和2年)3月13日(金曜日)

試験の出題範囲・問題数・合格基準は?

第32回社会福祉士試験は、18科目から150問、240分【午前の部・午後の部】で実施されました。

試験実施スケジュール
【午前の部】
10時00分〜12時15分
※弱視等受験者(1.3倍)は10時00分〜13時00分、点字等受験者(1.5倍)は、10時00分〜13時25分となっています。

【午後の部】
13時45分〜15時30分
※弱視等受験者(1.3倍)は14時15分〜16時35分、点字等受験者(1.5倍)は14時15分〜16時55分となっています。

試験問題形式
マークシート方式(五肢択一)、配点は1問1点

合格基準
問題の総得点の60%程度、且つ指定の18科目群全てで得点
※出題科目の中には精神保健福祉士との共通科目があります。

▽出題科目と出題数【精神保健福祉士との共通科目】

出題科目(範囲) 出題数
人体の構造と機能及び疾病 7問
心理学理論と心理的支援 7問
社会理論と社会システム 7問
現代社会と福祉 10問
地域福祉の理論と方法 10問
福祉行財政と福祉計画 7問
社会保障 7問
障害者に対する支援と障害者自立支援制度 7問
低所得者に対する支援と生活保護制度 7問
保健医療サービス 7問
権利擁護と成年後見制度 7問
83問

出題科目と出題数【社会福祉士のみ】

出題科目(範囲) 出題数
社会調査の基礎 7問
相談援助の基盤と専門職 7問
相談援助の理論と方法 21問
福祉サービスの組織と経営 7問
高齢者に対する支援と介護保険制度 10問
児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度 7問
就労支援サービス 4問
更生保護制度 4問
67問

>> 社会福祉士試験対策講座の資料請求(無料)

社会福祉士試験を受けるまでの手順は?

受験資格を満たす必要がある。

社会福祉士試験を受けるには、まずはじめに受験資格を満たす必要があります。学歴や実務経験によって、大きく3つのルートが決められています。
・福祉系大学・短大等(指定科目履修)ルート
・短期養成施設等ルート
・一般養成施設等ルート

それぞれのルートで細かな条件が決められていますので、条件をクリアしているかは確認するようにしましょう。詳細については『社会福祉士になるには』で紹介していますので、参考にしてみてください。

受験申し込み手続きを行う。

第31回 社会福祉士試験の受験申込手続きについて紹介します。

▽社会福祉士試験 申込手順

「受験の手引」の請求 【請求方法】
●インターネットでの請求
「公益財団法人 社会福祉振興・試験センター」HPで請求可能

●郵便はがきでの請求
送付先:
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1丁目5番6号
公益財団法人 社会福祉振興・試験センター宛

請求後、必要書類が手元に届くまで数日かかるため、9月27日(金曜日までに請求するようにしましょう。

※注)発送は日本国内に限り、『受験の手引』の請求は1人1部のみ(予備請求は不可)となっています。
受験申込手続き 【受験申込期間】
令和元年9月5日(木曜日)から10月4日(金曜日)まで(消印有効)

【必要書類】
・受験申込書
・受験手数料振替払込受付証明書貼付用紙
・受験用写真等確認票

※その他、学歴や実務経験によって必要書類が異なります。詳しくは「第32回 社会福祉士国家試験『受験申込手続き」の内容を確認してみてください。

お問い合わせ先:
公益財団法人 社会福祉振興・試験センター
03-3486-7559(国家試験情報専用電話案内)
受付時間:9時〜17時(土曜・日曜・祝日を除く)
※上記連絡先にダイヤル後、以下3桁の数字をダイヤルすると、誘導案内無く必要な情報を聞くことができます。

【試験日程と受験申込手続きに関して】230

社会福祉士試験で一発合格を目指すなら

受験対策講座の受講がおすすめ!

社会福祉士試験に向けて、万全な状態で受験したいものですよね。履修した内容を復習したり、過去問やテキストなどを買って試験対策を進めるのも良いでしょう。ただし、受験するからには一発合格を目指したいですよね。介護資格系のスクールでは、社会福祉士国家試験の対策講座を開講しています。費用面での負担はありますが、試験に向けて効率的かつスムーズに勉強することができるでしょう。気になる方は、受講検討をしてみるのもよいかもしれませんね。

試験対策講座 スクーリング期間目安:
7ヶ月〜

受講費用目安:
通信:6〜7万円程度

>> 社会福祉士試験対策講座の資料請求(無料)

社会福祉士の講座選びなら

サイトイメージ

BrushUP学びは介護系の資格を中心に、スクールや学校の情報をまとめたサイトです。最安・最短講座がエリアごとにまとめて比較できるので、非常に見やすいです。 どのスクールにするか迷っている場合、開講日程や分割払いなど細かい情報を一つ一つ調べるのはとても面倒ですが、BrushUP学びを使えば、最新の資料を一括でお取り寄せできます。もちろん無料です。まずはこのサイトから資料請求することをおすすめします。平日なら電話での請求も可能です。

資料請求はこちら

TOP