介護の資格最短net
社会福祉士国家資格を最短で取得したい方へ 社会福祉士国家資格を最短で取得したい方へ

社会福祉士【通信課程】で資格取得はできるの?

更新日:2019/10/08

  • facebook

社会福祉士の通信課程を受けただけでは、資格取得できない!

社会福祉士の通信課程を福祉系大学や短期大学、専門学校などで受けただけでは資格取得できません。ただし、履修すれば社会福祉士国家試験の受験資格を得ることはできます。尚、社会福祉士の資格取得方法については『社会福祉士になるには』でも紹介していますので、参考にしてみてください。

ここでは、社会福祉士の通信課程を履修できる教育機関(大学・短期大学など)の紹介、学習内容について紹介していきます。また、学校ごとに学費、学習期間についてまとめましたので、学校を選ぶ際の参考にしてみてください。

>> 社会福祉士講座【通信】の資料請求(無料)

社会福祉士の通信課程はどこで受けられるの?

社会福祉士の通信課程は、公益社団法人 社会福祉振興・試験センターが指定する『短期養成施設・一般養成施設』で受けることができます。(主に社会福祉系大学や短期大学、専門学校など)
おすすめの学校をまとめてみました。

▽おすすめの社会福祉士通信課程 学校一覧

学校名 / 学部・学科など 学費 履修期間の目安 資料請求
聖徳大学
通信教育部
190,100円 / 年
(3年次編入学)
※諸費等も込み
2年 資料請求
専門学校高崎福祉医療カレッジ
社会福祉士科(通信)
短期養成課程:
356,848円
※入学金、実習費、テキスト代込
9ヶ月 資料請求
佛教大学
通信教育課程
178,000円 / 年
(1年次入学)
※入学金含む
※別途、学友会入会金・学友会費3.000円、スクーリング履修費、テキスト代が必要
4年 資料請求
日本福祉大学
通信教育部
657,740円 / 年
(3年次編入学)
※入学金、スクーリング受講料、クラス制科目受講料及び、実習関連費用(108,800円)等を含む
2年 資料請求

>> 社会福祉士講座【通信】の資料請求(無料)

以下の学校でも、社会福祉士の通信課程を履修することができます。

・日本医療大学 生涯学習センター
・マロニエ医療福祉専門学校
・東京福祉専門学校
・アルファ医療福祉専門学校
・NHK学園
・日本社会事業大学
・社会福祉法人 全国社会福祉協議会 中央福祉学院
・日本こども福祉専門学校
・日本総合研究所
・京都医療福祉専門学校
・日本メディカル福祉専門学校
・専門学校穴吹パティシエ福祉カレッジ
・札幌医学技術福祉歯科専門学校
・星槎道都大学
・MCL盛岡医療福祉専門学校
・仙台医療福祉専門学校
・国際医療看護福祉大学校
・群馬社会福祉専門学校
・江戸川学園おおたかの森専門学校
・日本知的障害者福祉協会
・日本福祉教育専門学校
・品川区社会福祉協議会
・東京豊島IT医療福祉専門学校
・東京未来大学福祉保育専門学校
・茅ヶ崎リハビリテーション専門学校
・YMCA健康福祉専門学校
・東海医療科学専門学校
・保育・介護・ビジネス名古屋専門学校
・日本福祉大学中央福祉専門学校
・華頂社会福祉専門学校
・京都医療福祉専門学校
・南海福祉専門学校
・大阪国際福祉専門学校
・資格の大原
・豊岡短期大学
・和歌山社会福祉専門学校
・ヒューマンウェルフェア広島専門学校
・広島福祉専門学校
・穴吹医療福祉専門学校
・専門学校福祉リソースカレッジ広島
・YIC看護福祉専門学校
・麻生医療福祉専門学校福岡校
・F・Cフチガミ医療福祉専門学校
・専門学校共生館国際福祉医療カレッジ
・九州医療専門学校
・熊本YMCA学院
・宮崎福祉医療カレッジ
・ソーシャルワーク専門学校
・仙台医療福祉専門学校
・大原医療福祉専門学校
・埼玉福祉・保育専門学校
・上智社会福祉専門学校
・東京福祉保育専門学校
・大原医療秘書福祉保育専門学校
・首都医校
・国際こども・福祉カレッジ
・名古屋医専
・京都国際社会福祉センター
・京都医健専門学校
・大阪保健福祉専門学校
・大原医療福祉製菓専門学校梅田校
・専門学校西広島教育福祉学院
・島根総合福祉専門学校
・専門学校穴吹パティシエ福祉カレッジ
・四国中央医療福祉総合学院
・大原保育医療福祉専門学校福岡校
・智泉福祉製菓専門学校
・専門学校琉球リハビリテーション学院
・専門学校沖縄統合医療学院

※公共社団法人 社会福祉振興・試験センターHP『短期養成施設・一般養成施設』を参照。

>> 社会福祉士講座【通信】の資料請求(無料)

社会福祉士 通信課程のカリキュラム内容は?

社会福祉士 通信課程では、大きく『人・社会・生活と理解に関する知識と方法、総合的かつ包括的な相談援助の理念と方法に関する知識と技術、地域福祉の基礎整備と開発に関する知識と技術』の領域について学習します。専門学校高崎福祉医療カレッジの社会福祉士科(通信課程)を例に、カリキュラム内容と時間数を紹介したいと思います。目安として参考にしてみてください。
※学習時間数は、履修する学校により異なる場合もあります。

▽【専門学校高崎福祉医療カレッジ】社会福祉士科(通信課程)を参照

学習領域 科目 時間数(目安)
人・社会・生活と理解に関する知識と方法 人体の構造と機能及び疾病 30
心理学理論と心理的支援 30
社会理論と社会システム 30
現代社会と福祉 60
社会調査の基礎 30
総合的かつ包括的な相談援助の理念と方法に関する知識と技術 相談援助の基礎と専門職 60
相談援助の理論と方法 210
地域福祉の基礎整備と開発に関する知識と技術 地域福祉の理論と方法 60
福祉行政と福祉計画 30
福祉サービスの組織と経営 30
サービスに関する知識 社会保障 60
高齢者に対する支援と介護保険制度 60
障害者に対する支援と障害者自立支援制度 30
児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度 30
低所得者に対する支援と生活保護制度 30
保健医療サービス 30
就労支援サービス 15
権利擁護と成年後見制度 30
更生保護制度 15
実習・演習(※該当者のみ) 相談援助実習 150+スクーリング45
相談援助実習指導 90+スクーリング27
相談援助実習 180

>> 社会福祉士講座【通信】の資料請求(無料)

学校選びを選ぶ際、抑えておきたいポイントは?

学習スケジュールは要チェック!

社会福祉士 通信課程は、短期養成施設と一般養成施設で学習期間も9ヶ月から1年程度変わってきます。スケジュール通り履修できるかは、チェックしておくべきポイントでしょう。特に、スクーリング日程はしっかりと確認されることをおすすめします。また、社会福祉士 通信課程では入学時期も決まっていますので、試験日に間に合うよう余裕を持って手続きを済ませておくようにしましょう。

学習フォローについては、しっかり確認しましょう。

社会福祉士 通信課程は、レポート提出の機会も多くなります。せっかく受講するのであれば、ストレスなくスムーズに受けたいものですね。万が一、提出期間を過ぎてしまった場合はどうなのか、分からないことはすぐ質問できる体制は整っているのかは、事前に確認しておくとよいでしょう。
比較検討される学校が少ないと学習フォローの善し悪しも分かりづらいと思いますので、できる限り複数の学校で比較検討されることをおすすめします。ホームページだけでなく、パンフレットでも確認してみてください。

>> 社会福祉士講座【通信】の資料請求(無料)

より確実に試験合格を目指したい方へ

試験対策の通信講座もあり!

社会福祉士資格を取得するためには、社会福祉士国家試験の受験は必須となっています。短期養成施設・一般養成施設の通信課程を受けていれば、試験に合格するためのポイントやコツも習得する機会はあるはずです。一方で、資格スクールでは模擬試験や受験対策講座を開講しているケースもあります。
別途で費用負担はかかってきますが、より確実に試験合格されたい方は検討されてみるのもよいかもしれませんね。

>> 社会福祉士講座【通信】の資料請求(無料)

社会福祉士の講座選びなら

サイトイメージ

BrushUP学びは介護系の資格を中心に、スクールや学校の情報をまとめたサイトです。最安・最短講座がエリアごとにまとめて比較できるので、非常に見やすいです。 どのスクールにするか迷っている場合、開講日程や分割払いなど細かい情報を一つ一つ調べるのはとても面倒ですが、BrushUP学びを使えば、最新の資料を一括でお取り寄せできます。もちろん無料です。まずはこのサイトから資料請求することをおすすめします。平日なら電話での請求も可能です。

資料請求はこちら

TOP