介護の資格最短net
介護福祉士の資格を最短取得したい 介護福祉士の資格を最短取得したい

介護福祉士ファーストステップ研修とは

更新日:2017/10/17

  • facebook

介護福祉士ファーストステップ研修とは

介護福祉士ファーストステップ研修とは、介護福祉士資格取得後2年程度の実務経験者を対象に介護福祉士としてのキャリアアップ、小規模チームのリーダー養成を目的とした研修です。
自身の業務を振り返るとともに、小規模チームのリーダー(ユニットリーダー、サービス提供責任者等)としてのリーダーシップスキルの向上、介護福祉士としての専門性を高めることができます。

介護福祉士ファーストステップ研修 受講メリット

介護福祉士ファーストステップ研修を受講することでのメリットについてご紹介します。

〇リーダーシップ性の向上
『ケア、連携、運営管理基礎』の3領域において小規模チームのリーダーとしての知識やスキルを習得することができます。
例)チームスタッフへのマネージメントスキル(指導、助言など)

〇自己分析による気づき
日々の業務を振り返ることで、普段気づかない自身の利点や欠点が見えてくるのではないでしょうか。さらには今後の課題を抽出することもできて、介護福祉士としてステップアップできるでしょう。

〇職場メンバー、高齢者の方からの信頼を得られる
ご自身の指導方法や的確な助言によって、職場メンバーの見る目も変わり、チームリーダーとしての信頼につながることでしょう。
職場全体でのサービス質向上の効果も期待でき、結果的に高齢者の方からの信頼にもつながるのではないでしょうか。

介護福祉士ファーストステップ研修 カリキュラム内容

介護福祉士ファーストステップ研修では『ケア、連携、運営管理基礎』の3領域と『総合評価』について学びます。
各領域の履修科目と受講時間数についてまとめましたので、参考にしてみてください。

【受講資格】
介護福祉士資格取得後2年程度の実務経験者の方が対象

【カリキュラム内容】 総時間数:232時間

履修科目 領域 科目 時間数
ケア領域
(88時間)
利用者の全人性、尊厳の実践的理解と展開 16
介護職の倫理の実践的理解と展開 16
コミュニケーション技術の応用的な展開@ 16
コミュニケーション技術の応用的な展開A 16
ケア場面での気づきと助言 24
連携領域
(48時間)
家族や地域の支援力の活用と強化 16
職種間連携の実践的展開 16
観察・記録の的確性とチームケアへの展開 16
運営管理基礎領域
(80時間)
チームのまとめ役としてのリーダーシップ 16
セーフティマネジメント 16
問題解決のための思考法 16
介護職の健康・ストレスの管理 16
自職場の分析 16
総合評価
(16時間)
総合評価 16

受講するには

全国社会福祉協議会認定の養成施設(スクール)で受講

全国社会福祉協議会から認定を受けて介護福祉士ファーストステップ研修を開講している養成施設(スクール)で受講することができます。

公益社団法人 東京都介護福祉士会
介護福祉士ファーストステップ研修
受講費用:120,000円
※日本福祉士会会員の場合、80,000円
受講期間:全15回
開講拠点 / 最寄駅:
公益社団法人東京都介護福祉士会 研修室/住吉駅

※東京都以外の各都道府県にある介護福祉士会でも開講しています。
開講スケジュール、その他ご質問などは直接お問い合わせください。

【お問い合わせ先】
公益社団法人 日本介護福祉士会 事務局
tel:03-3507-0784

藤仁館医療福祉カレッジ(認定スクール)
介護福祉士ファーストステップ研修
受講費用:128,000円(税込)
※テキスト、教材費含
受講期間:13日間(スクーリング)
開講拠点 / 最寄駅:
・大宮校(埼玉県さいたま市大宮区)/大宮駅
・南浦和校(埼玉県さいたま市南区)/南浦和駅
・熊谷校(埼玉県熊谷市)/熊谷駅
・高崎校(群馬県高崎市)/高崎駅
・太田校(群馬県太田市)/太田駅
・池袋校(東京都豊島区西池袋)/池袋駅
・横浜校(神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町)/横浜駅

※現在、開講されていません。今後のスケジュールや詳しい内容については、直接問い合わせてみてください。

介護福祉士資格所持が前提

介護福祉士ファーストステップ研修を受講するためには、介護福祉士資格取得が前提です。
これから介護福祉士資格取得を考えている方向けに、介護福祉士資格の取得方法、資格試験についてまとめましたので、下記をご参考ください。