介護の資格最短net
介護事務の資格を最短取得したい 介護事務の資格を最短取得したい

介護事務実務士とは-【徹底検証】他の資格との違いは?

更新日:2018/08/20

  • facebook
はじめに

介護事務実務士とはどんな資格か?本記事では下記項目を解説します。

介護事務実務士とは

介護事務実務士(R)とは、介護報酬請求事務の仕事で求められる能力を評価する資格の一つです。特定非営利活動法人 医療福祉情報実務能力協会(MEDIN)が資格の認定を行っており、指定された試験日に在宅受験にて介護情報実務能力認定試験を受験し合格するか、指定の通信講座を修了することで資格を取得できます。介護情報実務能力認定試験について、受験資格の制限は特になく、どなたでも受験が可能です。家事や育児で忙しく外に出る余裕がない、といった方でも取得しやすい資格といえるでしょう。

【注意】
指定校修了で資格取得する場合、指定校受講修了による認定証発行手数料(3,100円)、試験合格者は認定証発行手数料(1,540円)がかかります。

介護事務実務士の仕事内容

介護施設および医療機関にて介護保険請求事務を行なったり、受付・窓口教務を担当したりするのが介護事務実務士の仕事です。主に介護施設や事業所などが活躍の場で、介護事務の仕事が求められています。介護の仕事をしながらスキルアップを考えている方にも、ぴったりな資格ではないでしょうか。

【主な活躍できる職場】
・訪問介護ステーション
・介護老人保健施設
・在宅介護サービス事業所
・デイサービス

介護事務実務士試験データ

介護事務実務士の試験情報についてまとめました。これから受けようと考えている方は参考にしてみてください。

○介護情報実務能力認定試験

特定非営利活動法人 医療福祉情報実務能力協会 介護情報実務能力認定試験』を参照

試験実施日 ※平成28年度より介護事務実務士試験は教育指定校及び団体受験での受験のみとなっています。詳しくは、受講先に確認してみてください。
受験資格 特になし
出題内容
(問題数)
●学科試験(20問)
【出題範囲】
(1)介護保険法および関連法規
(2)介護保険制度
居宅サービス・施設サービス
(3)介護報酬の請求

●実技試験(3問)
【出題範囲】
・介護報酬明細書作成(1.居宅サービス、2.施設サービスより3問)
合否判定 詳細は、実施団体である「特定非営利活動法人 医療福祉情報実務能力協会(MEDIN)」へ確認してみてください。
合格率 67.5%
受験料 7,700円
受験場所 ※平成28年度より介護事務実務士試験は教育指定校及び団体受験での受験のみとなっています。詳しくは、受講先に確認してみてください。

※受験申込の手順他、試験に関しての分からない点については「特定非営利活動法人 医療福祉情報実務能力協会(MEDIN)」へ確認してみてください。

介護事務のこと全般について詳しく知りたい方はこちらのページをご覧下さい。無料で資料請求もできます。

介護事務実務士が取得できる主なスクール

ヒューマンアカデミーの通信講座『たのまな』では、介護事務実務士(R)資格対応講座として『介護保険請求事務講座』を開講しています。こちらの講座にて全5回の添削課題を一定以上の水準でクリアすれば、講座修了時に介護事務実務士(R)の資格取得が可能です。講座の学習期間は4ヶ月程度となっており、介護保険制度などの基礎知識や、給付管理業務と介護報酬請求の流れ、介護事務コンピュータの操作などが学べます。

〇ヒューマンアカデミー / 通信講座 * 『たのまな』 介護事務講座】

コース 受講費用 期間 資料請求
通信 35,000円(税込) 4ヶ月 [資料請求]

※時期によって割引キャンペーンなどもあり。最新情報はパンフレットなどで確認してみてください。

その他、専門学校でも資格取得を目指すカリキュラムが開講されています。
【 専門学校例 】
・東京スクールオブビジネス 医療ビジネス学科(2年制)
※詳しくは、「特定非営利活動法人 医療福祉情報実務能力協会(MEDIN)」へ確認してみてください。

他の資格との違い

介護事務実務士のほかに介護事務の資格で有名なものとしては、ケアクラークや介護事務管理士などがあります。ケアクラークや介護事務管理士の資格を取得するには試験に合格する必要がありますが、介護事務実務士は指定の通信講座を受講することで、無試験で資格を取得することが可能です。
介護事務実務士も試験に合格して資格を取得する方法はありますが、試験は会場受験ではなく、指定された日程に行われる在宅試験で年に2回しかチャンスがありません。2か月毎に試験を実施されるケアクラーク・介護事務管理士と比べると受験しにくいかもしれませんね。
介護事務実務士の資格を取得するには、指定講座を修了する方法が現実的であると思います。

介護事務のこと全般について詳しく知りたい方はこちらのページをご覧下さい。無料で資料請求もできます。

介護事務 目的別関連記事紹介

介護事務についてもっと詳しく知りたい方のために、目的別に記事を紹介します。

目的 関連記事
介護事務全般について知りたい 介護事務とは-【徹底検証】資格取得は必要なの?
介護事務講座の価格について知りたい 一番安い介護事務講座|費用比較【通信・通学】
介護事務の求人について知りたい 介護事務の求人は少ない?【徹底検証】
ケアクラークについて知りたい ケアクラークとは-【徹底検証】他の資格との違いは?
介護事務の資格取得にかかる期間について知りたい 最短3日で介護事務資格取得はホント?【徹底検証】
介護事務管理士について知りたい 介護事務管理士とは-【徹底検証】他の資格との違いは?
介護報酬請求事務技能検定試験について知りたい 介護報酬請求事務技能検定試験とは-【徹底検証】他の資格との違いは?
介事管理専門秘書検定資格について知りたい 介事管理専門秘書検定資格とは-【徹底検証】他の資格との違いは?
介護保険事務士について知りたい 介護保険事務士とは-【徹底検証】他の資格との違いは?
介護保険事務管理士について知りたい 介護保険事務管理士とは-【徹底検証】他の資格との違いは?

介護事務の講座選びなら

サイトイメージ

BrushUP学びは介護系の資格を中心に、スクールや学校の情報をまとめたサイトです。最安・最短講座がエリアごとにまとめて比較できるので、非常に見やすいです。 どのスクールにするか迷っている場合、開講日程や分割払いなど細かい情報を一つ一つ調べるのはとても面倒ですが、BrushUP学びを使えば、最新の資料を一括でお取り寄せできます。もちろん無料です。まずはこのサイトから資料請求することをおすすめします。平日なら電話での請求も可能です。

資料請求はこちら