登録販売者試験は実務経験なしでも受験できる?登録販売者に必要な実務経験について詳しく解説!

登録販売者試験は実務経験なしでも受験できる?登録販売者に必要な実務経験について詳しく解説!

更新日: 2023/01/19

  • facebook
はじめに

「登録販売者は実務経験なしでも試験は受けられる?」
「正式な登録販売者に必要な実務経験の条件を知りたい」

このような疑問や悩みを抱えていませんか?この記事では、登録販売者に必要な実務経験について詳しく解説します。
最後まで読むことで、登録販売者試験に関する基礎知識や、正式な登録販売者になるための道筋を知ることができるでしょう。
また、店舗管理者や管理代行者に関する情報もまとめているので、キャリアアップの参考にしてください。

タップできる目次 [閉じる]

\近所のスクール・講座をみてみる/

登録販売者の講座を資料請求(無料)

登録販売者は実務経験なしでもなれる?資格取得に関する豆知識

登録販売者の資格試験について解説します。

2014年以前は登録販売者の受験資格に実務経験が必要だった

2014年(平成26年)までは、登録販売者資格試験に以下の基準が設けられており、該当しない人は受験できませんでした。
「高校卒業以上で、1年以上一般用医薬品の販売などに関する実務に従事した者」
現在は上記の学歴や実務経験の基準が撤廃され、誰でも資格試験が受けられます

管理者要件なしの登録販売者試験は実務経験なしで受けられる

2015年(平成27年)から誰でも登録販売者の資格試験を受けられるようになりましたが、注意すべき点があります。
それは、一定基準の実務経験を満たさない場合は「管理者要件なしの登録販売者になる」ことです。
管理者要件なしの登録販売者は「研修扱い」となり、ひとりで医薬品の販売ができません。
研修期間中は、薬剤師や店舗管理者などの監査下で医薬品を販売することになります。
このように、登録販売者として一人前になるには、一定の実務経験が必要になるため注意しましょう。
なお、登録販売者として独り立ちするには「実務経験なしの人必見!正式な登録販売者に必要な実務経験の条件」にて詳しく解説しています。

\近所のスクール・講座をみてみる/

登録販売者の講座を資料請求(無料)

実務経験なしの人必見!正式な登録販売者に必要な実務経験の条件

正式な登録販売者に必要な実務経験の条件について解説します。

月単位で勤務期間が2年以上・計1920時間の実務経験がある登録販売者

登録販売者として独り立ちするには、原則「直近5年で通算2年分(計1,920時間)の実務経験が必要」という規定が設けられています。
直近5年以内であれば、資格取得前の実務経験も適応されますが、5年以上経過している場合は適応外になるので注意が必要です。

同じ店舗で月80時間以上勤務・計2年以上の実務経験がある登録販売者

正式な登録販売者として働くには、直近5年間に通算2年以上の実務経験が必要とされていますが、さらに以下の条件が含まれます。

  • ・1ヶ月間に80時間以上実働する必要がある

  • ・同一月、同一店舗で働いた場合に実務経験として認められる

上記の条件を満たす働き方には以下の事例があります。

  • ・1日5時間で週に4日同じドラッグストアで働く

  • ・1日8時間で週に3日同じ調剤薬局で働く など

上記の事例のように、同じ勤務先で月に80時間以上勤務した場合のみ、登録販売者の実務経験として計算されます
複数の勤務先を掛け合わせて同様の実働時間を稼いでも、同条件を満たしたことにはなりません。

一般従事者として正式な登録販売者の指導下で合計2年以上の実務経験がある

一般従事者として薬剤師、または正式な登録販売者の下で通算2年以上の実務経験を積むことで、独り立ちできます。
一般従事者の働き方は、以下の事例を参考にしてください。

  • ・調剤薬局で正社員として2年以上働く

  • ・ドラッグストアでパートとして2年以上働く

  • ・一般医薬品を扱うコンビニや一般企業で2年以上アルバイトをする

\近所のスクール・講座をみてみる/

登録販売者の講座を資料請求(無料)

登録販売者の実務経験に働き方は問われない!正社員でなくてもOK

実務経験に雇用形態は関係ありません。一般用医薬品を取り扱っているドラッグストアや薬局、コンビニエンスストア、調剤薬局などで、薬剤師や登録販売者から指示を受けて働いた経験があれば、正社員、パート、アルバイトいずれも「実務経験」としてカウントされます。

登録販売者になるための実務経験の積み方

正式な登録販売者になるための実務経験の積み方について、具体策を提案します。

ドラッグストアで登録販売者として働く

登録販売者の就職先として最も多いのがドラッグストアです。医薬品の販売やお客様の相談対応はもちろんのこと、商品の品出しや陳列、在庫管理や発注、レジ打ちなどの仕事も担当するケースが多くなっています。最近は薬だけでなく、日用品や食料品まで扱う店舗も多く、利用頻度も増加傾向にあるようなので、今後も登録販売者の活躍が期待されることでしょう。

コンビニやホームセンターで登録販売者として働く

登録販売者は、医薬品販売を行う店舗で幅広く活躍できます。薬局、薬店、ドラッグストアはもちろんのこと、コンビニエンスストア、スーパー、ホームセンターなどの求人も増えています。また、医薬品販売ではなく、医薬品の専門知識を活かせる職場も出てきています。例えば、製薬会社の営業として商品説明、エステサロンで健康を保つためのアドバイス(体質改善や悩み相談など)などの求人募集も見られます。

\近所のスクール・講座をみてみる/

登録販売者の講座を資料請求(無料)

実務経験不要!登録販売者の求人の一例を紹介

実務経験がなくても働ける、登録販売者の求人の一例を紹介します。

実務経験なし!登録販売者の求人(正社員)|札幌

札幌エリアで募集されている登録販売者の求人(一例)は以下のとおりです。

■仕事内容/店舗における運営マネジメント・医薬品の販売・健康食品のカウンセリングなど
■雇用形態/正社員 ※未経験者可
■給与/月給192,000円〜247,000円
■勤務時間/実働1日平均8時間(週平均40時間)のシフト制
■休日/週休二日制

出典:ジョブメドレー|サンドラッググループ

実務経験なし!登録販売者の求人(パート)|千葉

千葉エリアで募集されている登録販売者の求人(一例)は、以下を参考にしてください。

■仕事内容/ドラッグストアでの登録販売者業務(販売・レジ・品出しなど)
■雇用形態/パート ※実務経験2年未満歓迎
■給与/時給1,014円〜1,989円(研修中:時給1,014円〜1,330円)
■勤務時間/8:00〜24:00 ※勤務時間応相談

出典:登録販売者.com|ウエルシア

実務経験なし!登録販売者の求人(パート・バイト)|大阪

大阪エリアで募集されている登録販売者の求人(一例)は以下のとおりです。

■仕事内容/レジ打ち、販売など ■雇用形態/アルバイト・パート ※未経験OK ■給与/時給1,325円〜1,425円(研修中:時給1,325円) ■勤務時間/10:00〜20:00 ※1日8時間 シフト制 勤務時間帯応相談

出典:アルバイトEX|島忠ホームズ

\近所のスクール・講座をみてみる/

登録販売者の講座を資料請求(無料)

実務経験を積んだ後に正式な登録販売者として働くための手続き

正式な登録販売者として働くための手続きをご紹介します。

実務従事証明書を発行・申請する

登録販売者として一人で売り場に立つには「直近5年間に2年以上の実務経験」が必要です。実務経験2年以上に満たない方は「研修中」という身分で、2年以上実務経験のある登録販売者もしくは薬剤師が管理・指導の下でなければ一般用医薬品(第2類・第3類)を販売することはできません。
実務経験が2年以上になると、実務従事証明書が申請できます。申請先は、販売従事登録証の申請と同様に、各都道府県に対しておこないます。

\近所のスクール・講座をみてみる/

登録販売者の講座を資料請求(無料)

実務経験なしの人必見!正式な登録販売者になると目指せるキャリア

正式な登録販売者になることで目指せるキャリアをご紹介します。

店舗管理者

店舗管理者とは、薬局やドラッグストアなどの店舗責任者のことで、以下の業務をおこないます。

  • ・一般医薬品(第2類医薬品・第3類医薬品)の販売

  • ・医薬品のカウンセリング業務

  • ・医薬部外品や生活用品などの販売業務(ホームセンターやドラッグストア勤務の場合)

  • ・店舗に勤務する人材のシフト管理

  • ・商品の在庫管理

  • ・店舗の売上管理 など

店舗管理者には、年収アップやキャリア形成など以下のメリットがあります。

  • ・年収ベースで昇給する

  • ・正規雇用の場合はボーナスが支給される

  • ・店舗経営のスキルが身につき社会的な市場価値が上がる

  • ・医薬品市場の動きが読めるようになる

管理代行者

管理代行者とは、店舗責任者(店舗管理者)に該当しない正式な登録販売者を指します。
管理代行者も店舗管理者と同様、ひとりで医薬品の販売ができるため、就職や転職に有利です。
登録販売者が複数人集まる店舗では、比較的シフト管理がしやすいため、管理者要件なしの見習いでも就職できるチャンスがあります。
しかし人材が1人または少数の店舗では、見習いだと1人で医薬品の販売ができずシフト管理が厳しくなるため、正式な登録販売者が優遇されます。

\近所のスクール・講座をみてみる/

登録販売者の講座を資料請求(無料)

実務経験なしの人必見!登録販売者に関するよくある質問

登録販売者に関するよくある質問をまとめました。

登録販売者は実務経験を積めば病院でも働ける?

管理者要件を満たしている登録販売者は病院勤務も可能ですが、おすすめできません。
なぜなら、病院には薬剤師が常駐しており、資格の強みを活かしにくいからです。
登録販売者は、第2類医薬品と第3医薬品を販売できる資格であり、ドラッグストアや薬局、コンビニなどで活躍できます。
もし病院に勤務する場合は、登録販売者の専門スキルを活かせる医療事務に就くのがよいでしょう。

登録販売者の実務経験は調剤薬局でも積める?

調剤薬局で登録販売者の実務経験を積むことは可能であり、最もおすすめな働き方です。
調剤薬局で薬剤師や店舗管理者から的確な指導を受けることで、医薬品の取り扱いに関する専門知識を習得できます。
また、お客さまへの健康アドバイスや一般医薬品の在庫管理など、販売業務以外のスキルも習得可能です。
さまざまな業務を経験し、医薬品市場の動向分析やマネジメント管理ができるようになると、将来転職に有利になります。

登録販売者の合格後すぐに働かないと資格は失効するの?

登録販売者の資格は一生保証されるため、放置しても無くなることはありませんが、資格取得後は早めに働いて活用するのが得策です。
なぜなら、正規の登録販売者は長期ブランクが認められないからです。
正規の登録販売者は、直近5年で2年以上の勤続年数を満たさなくてはなりません。医薬品の進歩は早く、取り扱い店舗では常に新しい医療技術の知識が求められます。
このことから、長期的に現場を離れた資格保有者より、直近で働いていた登録販売者のほうが勤務先で優遇される傾向にあります。

登録販売者の実務経験は転職に影響はない?

実務経験は登録販売者の転職に影響します。
一定基準の実務経験を満たし、正式な登録販売者として認められている場合は、比較的有利な立場で採用されやすいでしょう。
一方管理者要件がない、またはブランクが生じて正式な登録販売者でなくなった場合は、仕事の選択肢が限られるので注意してください。

登録販売者向けの実務経験証明書の記入例(書き方)が知りたい

登録販売者の実務経験証明書は、自治体によって記入の仕方が異なります
詳しくは、各自治体のホームページで確認してみましょう。
ここでは、東京都豊島区の公式サイトで紹介されている実務経験証明書の記入例を参考として紹介します。
ほかの自治体もほぼ同様の内容と推測されますので、確認してみてください。

\近所のスクール・講座をみてみる/

登録販売者の講座を資料請求(無料)

まとめ|登録販売者でキャリアアップを目指すなら講座受講がおすすめ

登録販売者でキャリアアップを目指すなら、資格試験対策に講座受講を検討してみてください。
通信講座は独学よりも効率よく基礎知識が身につくため、最短で着実に合格を目指せます。

介護の資格最短netでは、登録販売者資格に関する通信講座をご案内しています。
また、地域別にスクールに関する資料請求もできるので活用してみてください。

\近所のスクール・講座をみてみる/

登録販売者の講座を資料請求(無料)

\この情報をシェアする/

  • facebook

登録販売者の講座選びなら

サイトイメージ

BrushUP学びはスクールや学校、講座の総合情報サイト。
最安・最短講座開講日程、分割払いなどをエリアごとに比較して無料でまとめて資料請求できます。
まずは近くのスクールをチェックしてみてくださいね♪
平日なら電話での請求も可能です。

\近所のスクール・講座をみてみる/

登録販売者の講座を資料請求(無料)

\最短1分!いろいろなスクールを比較できます/

登録販売者の講座資料を請求(無料)
TOP