介護職員初任者研修の資格を最短取得

介護職員初任者研修を最短で取得したい方へ 資格取得までをわかりやすく解説 最短1ヶ月、最安講座が探せる!

ホームへルパーの後続資格として注目されている新しい資格、介護職員初任者研修。
このサイトでは、介護職員初任者研修を目指す方に役立つ情報をお届けします。

介護職員初任者研修とは

イメージ画像

ホームヘルパー2級研修が廃止になり、
介護職員初任者研修に変わりました。

介護職員初任者研修とは、2013年4月から「ホームヘルパー2級」に変わり新しくスタートした介護の研修課程です。


ホームヘルパー2級と同じく、訪問介護事業に従事している方、これから介護の業務に従事しようとする方などが対象となります。


ホームヘルパー2級からの変更点はいくつかありますが、
基本的にヘルパー2級受講を考えていた方は、「介護職員初任者研修」を受講すればよいことになります。名称が変わっても、研修課程の役割や根幹の部分は同じと考えてよいです。詳しい改正ポイントをこれからご紹介します。


>> 最短で介護職員初任者研修を取得するには
>> 介護職員初任者研修・実務者研修【資格制度が変わりました】

介護職員初任者研修の講座選びなら(最短)

イメージ画像 BrushUP学び

BrushUP学び 介護職員初任者研修の講座選びはコチラ

BrushUP学びは介護系の資格を中心に、スクールや学校の情報をまとめたサイトです。最安・最短講座がエリアごとにまとめて比較できるので、非常に見やすいです。
どのスクールにするか迷っている場合、開講日程や分割払いなど細かい情報を一つ一つ調べるのはとても面倒ですが、BrushUP学びを使えば、最新の資料を一括でお取り寄せできます。もちろん無料です。まずはこのサイトから資料請求することをおすすめします。平日なら電話での請求も可能です。

お電話での資料請求(無料)0120-789-760 平日10:00〜18:00

ホームヘルパー2級との変更点(4つ)

【変更1】修了試験の実施

介護職員初任者研修では、130時間とは別に修了評価試験が必須になります。

都道府県により多少異なる場合がありますが、東京都福祉保健局の公表によると、問題数は最低32題となり、各科目から1題以上の出題が原則となっているようです。

ポイントは都道府県ごとの統一試験ではなく、各スクールが問題を用意して実施しているということです。具体的な試験内容はスクールによって異なりますが、授業を正しく理解できているか確認する意図が強く、しっかりと授業を聞いていれば、問題なく合格できるくらいの難易度のようです。

不合格者に対しては、「速やかな補講と再試験の実施」が都道府県の指定要領に入っており、各スクールも再試験対応を行っているので、万が一落ちた場合でもそこまで心配することはないようです。

東京都福祉保健局HPより抜粋
-------------------------
◎修了評価のための筆記試験について
介護職員初任者研修では、修了の認定について1時間以上の筆記試験を行うことが必須となっています。
試験問題につきましては、以下の要件を満たすように作成してください。
(1)出題範囲
 項目2から項目9(1)〜(12)までの32科目
(2)出題内容
 東京都介護職員初任者研修事業実施要綱の「各項目の到達目標、評価、内容」内の「修了時の評価ポイント」を網羅したもの
(3)出題数
 32題以上(各科目から1題以上)
(4)出題形式
 選択式、記述式を問わない
-------------------------


【変更2】30時間の「実習」が廃止

ヘルパー2級では、施設で約5日間の施設実習・ディサービス実習・訪問介護実習を行いましたが、
介護職員初任者研修ではこれが廃止になっています。

派遣先の施設によっての実習内容の差や、トラブルなどのリスク回避などが理由と言われています。
とはいえ、実習は介護現場を知ることができる大切な機会でもあるので、一部のスクールでは任意で実施しています。


【変更3】スクーリング時間の増加

実習がなくなったかわりに、スクーリングの授業時間が増えています。

ヘルパー2級よりも通学する時間が増え、通信教材を使った自宅学習の時間が減ることになります。現在受講できる介護職員初任者研修の講座は、自宅学習と同時並行でスクーリングを実施するものが主流で、自宅学習が36〜37時間、スクーリングが90〜94時間(15日前後)がだいたいの目安になります。

修了期間は最短で1ヶ月、標準で4ヶ月前後となっています。


【変更4】認知症ケアについての科目を追加

介護職員初任者研修には『認知症の理解』が新たに追加されています。

認知症患者数が、高齢者の人口比率と共に増加傾向にあると、厚生労働省の認知症に関する資料でも発表されており、介護現場においても、認知症ケアに対応するために認知症介護実践研修を設けるなどの対応を行っています。

認知症ケアのカリキュラムを初任者研修に追加することで、より多く対応できる人材を確保することが重要な課題の一つとされています。


ホームヘルパー2級との共通点(4つ)

【共通1】介護の入門資格

ヘルパー2級は、介護現場で訪問介護員として働くために最初に受講する入門資格でした。介護職員初任者研修も役割は同じであり、これから介護の業務に従事しようとする方は、まずここからスタートします。

カリキュラムの中でも社会福祉の理念や介護の基本についてはほぼ同内容になっています。


【共通2】資格の効力

既にホームヘルパー2級をお持ちの方は、改めて介護職員初任者研修を受講する必要はありません。ヘルパー2級取得者は介護職員初任者研修修了者としてみなされます。

ホームヘルパー2級養成研修は「廃止」になりましたが、ヘルパー2級の資格自体が無効になるわけではないので、ご安心ください。


【共通3】カリキュラムの総時間数

実習廃止やスクーリング増加など、カリキュラムの内容は変更がありましたが、取得までの総時間数は以前と変わらず130時間です。

ただし、介護職員初任者研修は130時間とは別に修了試験を実施するので、1時間増加したという見方もできるかもしれません。


【共通4】修了者は実務者研修の受講時間の一部免除に

介護福祉士を目指すために必要な実務者研修は、通常450時間のカリキュラム履修が必要になりますが、ヘルパー2級もしくは介護職員初任者研修をお持ちの方は、130時間が免除され、320時間で修了することができます。

尚、実務者研修は初任者研修を持っていない方でも受講可能です。実務者研修(無資格者は450時間)を修了すると、初任者研修も修了したとみなされます。


まとめ

制度改正による変更点と共通点まとめ

[変更点]
・30時間の「実習」が廃止
・スクーリング時間の増加
・認知症ケアについての科目を追加
・修了試験の実施

[共通点]
・介護の入門資格
・資格の効力(既にヘルパー2級をお持ちの方は初任者研修課程修了者とみなされます。)
・カリキュラムの総時間数(130時間)
・修了者は実務者研修の受講時間の一部免除に(450時間→320時間)

>> 最短で介護職員初任者研修を取得するには
>> 介護職員初任者研修のスクール一覧(一括資料請求可能)



介護職員初任者研修とは

最短1ヶ月で介護職員初任者研修取得 介護職員初任者研修課程とは 介護資格のキャリアパスシステム 介護職員初任者研修の難易度 一番安い介護職員初任者研修 ヘルパー2級はどこで取得すればよい?


介護の資格と職業

介護資格の種類と職業 実務者研修とは サービス提供責任者とは


初任者研修の講座を探す

都道府県から探す 新宿のおすすめスクール 池袋のおすすめスクール 大阪のおすすめスクール 名古屋のおすすめスクール 博多・天神のおすすめスクール


新宿の初任者研修講座

ニチイの講座(新宿) 三幸福祉カレッジの講座(新宿) ソラストの講座(新宿) 未来ケアカレッジの講座(新宿)

介護職員初任者研修とはTOPへ