介護の資格最短net
介護職員実務者研修を働きながら取得したい 介護職員実務者研修を働きながら取得したい

介護福祉士実務者研修は通信講座だけで修了できるの?

更新日:2018/08/17

  • facebook
はじめに

本記事では実務者研修の通信講座について解説します。

実務者研修の通信講座ではスクーリングの必要なし?

「介護課程V」「医療的ケア(演習)」は通学での受講必須!

実務者研修のカリキュラム内容は、厚生労働省により基準が定められており、どのスクールでも同じ内容(カリキュラム)となっています。実務者研修の受講科目のほとんどを通信学習で受講することができますが、「介護課程V」「医療的ケア(演習)」は通学での受講が必須となっています。

スクールによっては通学講座と通信講座の区別がない場合もありますが、「通信講座でも前提条件として通学による学習がある」と覚えておくようにしましょう。

通学と通信という比較だけでなく受講スケジュールも比較しながら、一番自分に合ったカリキュラム選ぶようにしましょう。

通学による学習時間はどれくらいあるの?

通学による学習時間は、最低でも『介護課程V』の45時間+『医療的ケア(演習)』の時間になります。尚、『医療的ケア(演習)』については受講時間数の規定はなく、受講スクールによって異なってきます。

以下で、ニチイ通信講座の受講科目と時間数について、『自宅学習』『通学』に分けて一覧をまとめてみました。

▽ニチイ通信講座『自宅学習』の受講科目と時間数

科目名 時間数 無資格者 初任者研修 ヘルパー2級
人間の尊厳と自立 5時間 - -
社会の理解T 5時間 - -
社会の理解U 30時間
介護の基本T 10時間 - -
介護の基本U 20時間 -
コミュニケーション技術 20時間
生活支援技術T 20時間 - -
生活支援技術U 30時間 - -
発達と老化の理解T 10時間
発達と老化の理解U 20時間
認知症の理解T 10時間 -
認知症の理解U 20時間
障害の理解T 10時間 -
障害の理解U 20時間
こころとからだのしくみT 20時間 - -
こころとからだのしくみU 60時間
介護課程T 20時間 - -
介護課程U 25時間
医療的ケア 50時間
合計 時間数 405時間 405時間 275時間 275時間

※〇がついている科目が『自宅学習』での受講必須科目です。

▽『通学』の受講科目と時間数

科目名 時間数
介護課程V 45時間
医療的ケア(講義・演習) 16時間
合計 時間数 61時間

無資格者の方がニチイの通信講座を受講した場合、通学による受講時間は『介護課程Vが45時間+『医療的ケア(演習)が16時間』、合計で61時間となります。

実務者研修の学習内容・カリキュラムと受講期間』で科目別の内容や資格別の受講時間免除などを詳しく紹介しています。

実務者研修全般について詳しく知りたい方はこちらのページをご覧下さい。無料で資料請求もできます。

通信講座のメリット・デメリットは?

メリット

実務者研修を受講検討されている方は、既に介護施設や事業者などで介護現場でお仕事をされている方が多いのではないでしょうか。そんな方にとっては、忙しい合間で有効的に学習できたらうれしいですよね。
通信講座は、介護現場で働いている方にとって自分のペースで学べる、時間を有効的に活用して学べるため、安心してカリキュラムを受講することが可能です。

注意点としては、レポートによる課題提出があり、提出期限が決められています。期日内にきちんと提出を忘れないように、学習ペースを考えながら進めることが重要ですね。

デメリット

通信講座では基本的に自己管理で勉強を進めることになるので、ある程度継続的に自宅学習を行う強い意志と忍耐力を持って取り組まなければなりません。時間に流され勉強が進まない、ということも起こり得ます。カリキュラムを修了できるかどうかは、自分次第なところがあります。

モチベーションを維持するためにも、受講前からライフスタイルに勉強時間を取り入れたスケジュールをイメージしておくと取り組みやすいでしょう。

実務者研修全般について詳しく知りたい方はこちらのページをご覧下さい。無料で資料請求もできます。

通信講座のスクールを選ぶポイント

『介護課程V』の45時間+『医療的ケア(演習)』を受講する場所と日時をチェック

通学する場所・日時について、事前に把握しておく必要があります。遠くて通うのが面倒、通学の日時で受講ができなかった、なんてことが無いようにしたいですね。
急遽予定が入ってしまったり、体調不良で通えないといったことも想定して、振り替え受講で柔軟に対応してもらえるかどうかもスクール選びでは重要ポイントですよ。

課題レポート提出方法とサポート体制をチェック

自宅学習の科目ごとに課題提出がありますが、提出方法や期限はスクールによって様々のようです。
例)
・決められた提出日(消印有効)までに郵送、またはFAXで提出
・決められた通学する日時に直接提出

スクールでは課題毎に合格ライン(点数)が設けられており、合格点を得ることで科目履修認定されます。万が一、不合格となった場合でも指定された期間内で再履修のサポートはあるようですが、受講前にしっかりと再履修する手順を確認しておく必要はありますね。
※詳細はパンフレットを資料請求して、内容を確認するようにしましょう。

実務者研修全般について詳しく知りたい方はこちらのページをご覧下さい。無料で資料請求もできます。

実務者研修 目的別関連記事紹介

実務者研修についてもっと詳しく知りたい方のために、目的別に記事を紹介します。

目的 関連記事
実務者研修全般について知りたい 介護福祉士実務者研修とは
実務者研修の価格を知りたい 介護福祉士実務者研修の費用・価格を学校別で徹底比較!
実務者研修の試験難易度について知りたい 実務者研修の試験は難しい?難易度と合格率を解説
実務者研修の学習内容・カリキュラムについて知りたい 実務者研修の学習内容・カリキュラムと受講期間
実務者研修の求人について知りたい 実務者研修の資格取得で応募できる求人は?

実務者研修の講座選びなら

サイトイメージ

BrushUP学びは介護系の資格を中心に、スクールや学校の情報をまとめたサイトです。最安・最短講座がエリアごとにまとめて比較できるので、非常に見やすいです。 どのスクールにするか迷っている場合、開講日程や分割払いなど細かい情報を一つ一つ調べるのはとても面倒ですが、BrushUP学びを使えば、最新の資料を一括でお取り寄せできます。もちろん無料です。まずはこのサイトから資料請求することをおすすめします。平日なら電話での請求も可能です。

資料請求はこちら